【保存版】ニュージーランド英語はなまってる?発音や単語まとめ

投稿日:2019年2月15日 更新日:

これからニュージーランドに行く予定の方に少し注意事項をお伝えします。

日本で英語を勉強していざニュージーランドで旅行中、

英語で道を尋ねてみたものの、返答してくれたその英語が聞き取れない…。

そんなことが起きる可能性があるかもしれません。

ニュージーランドの現地の人の英語って慣れていないと思った以上に聞こえないんです。

そうなんです。

ニュージーランドの英語は私たちが聞いたことのある英語とは発音や言葉そのものが違います。

この記事に書かれていることを読むと、ニュージーランドへ行ったときにキウイの会話が理解しやすくなります。

今回は普段私たちが聞いている英語との発音の違いについて書いてみたいと思います。

キウイイングリッシュ(KiwiEnglish)とは

キウイイングリッシュ(KiwiEnglish)とは ニュージーランド英語のことです。 ニュージーランドの英語は、イギリス英語がベースにあります。 オーストラリア英語に発音が似ていますが、 ニュージーランドは特有の英語を形成しています。

キウイイングリッシュの特徴

  • キウイ(ニュージーランド人)は基本的に早口。
  • 独自(独特)の発音がある。
  • ニュージーランド独特の固有名詞がある(マオリ語)。
  • ニュージーランドの方言やスラングがある。

 

キウイイングリッシュ、日本人が知っている英語とどう違うのか?

私たち日本人が普段聞いている英語は主に、アメリカ英語とイギリス英語です。

日本アメリカ文化に寄りがちですが中学校から学習しているのはイギリス英語です。

アメリカ英語とイギリス英語との違いは簡単にまとめると以下。

アメリカ英語の特徴

・(R)の発音が舌を持ち上げて強調されるのが特徴的ですね。
・wannaやgottaのように単語同志をつなげて発音することが多いです。
・internet(エンナネッ),water(ウァロ)など(t)の発音が落ちることがあります。

イギリス英語の特徴

・イギリス英語は、アメリカ英語に比べて乾いた発音に聞こえます。
・(R)の発音は舌が口の中でそこまで持ち上がっている感じではなくライトです。
・internet(イントゥネッ),water(ワートァ)となり(t)の発音はアメリカ英語のように落ちないです。

ちなみに新幹線やJR西日本など一部の地域を除く次の駅をお知らせする英語アナウンスはイギリス英語です。

学校の英語学習がメインだった人は、イギリス英語のほうがクセがなくクリアで聞き取りやすいかもしれません。

 

ニュージーランド英語の発音や特徴

ニュージーランド英語の発音や特徴の一例挙を挙げてみたいと思います。

【発音】

エ(e)の発音がイ(i)になる

Egg(エッグ) →イッグ
When(ウェン)→ウィン
Yes(イエス)→イィス

イ(i)の発音がウ(ə)ウの口でオという

First(ファースト)→フゥースト
Fish(フィッシュ)→フゥッシュ
Chips(チップス)→チュゥップス

エイ(ei)がアイ(ai)になる

Eight(エイト)→アイト
Sunday(サンデイ)→サンダイ

ニュージーランド独自の言葉マオリ語

マオリ語

Aotearoa(アオテアロア)ニュージーランド
Kia ora(キアオラ) こんにちは
Ana(アナ)洞窟
Kumara(クマラ)サツマイモ

日常会話に頻出するニュージーランドスラング

Cheers/Chur =Thank you  ありがとう。

Yeah,Nah =No Thank you  関西弁で言うと「ええ、結構ですわ。」 みたいな感じ。 

Nah,Yeah = Yes Yesだけどちょっとめんどくさい感じw「まあ、そうだね」みたいなニュアンスでしょうか。 

Sweet/Lovely =good /cool/Awsome 「Sweet as!(スイーテーズ)!」「いいじゃん!」みたいに使います。

Eh / Eh? =Perdon me?/Don't you think? エイと発音します。聞こえなかった時に「え?」と聞き返したり、語尾に付けて「〇〇だよね?」といった感じ。

All good/Noworries =No prblem  大丈夫、気にしないで

She'll be right =it would be fine. これからすることに「良いんじゃない?」って感じで使われることが多い。

Bugger =Shit ちぇ!ちくしょう!みたいな意味。男性が良く使ってます。

Flat white =エスプレッソにミルクを入れたコーヒー。

Long black =エスプレッソにお湯を加えたコーヒー。

Tomato Sauce =ケチャップ

Hokey pokey =ニュージーランドオリジナルのキャラメルクランチ入りアイスクリーム。

スラングだけの記事も保存版でまとめてありますのでこちらもどうぞ!

【保存版】ニュージーランドスラング56選これだけあれば大丈夫!

 

ニュージーランド英語は結局なまっているのか?

ニュージーランド英語は結局なまっているのか?

という質問への答えはイギリス英語のクイーンズイングリッシュを標準語とするとなまっていると言えます。

昔、英会話カフェにいたアメリカ出身の女性が、イギリス英語を「すんごい変わった英語!」と言っていたのを今でも思い出します。

イギリス英語は元祖とも言える気がしますが、それをアメリカ人が変と言っているのはひょっとしてウケ狙いだったのではと今でも気になっています。

ニュージーランドの英語はイントネーションが独特で早口です。

また、ニュージーランドでも田舎に行くと早口度は増します。

それは日本でも自分が馴染みのない地方に行くと、独特の方言でかつ早口でなまっていて何言っているか聞き取りにくいのと同じです。

ニュージーランドでもアメリカの番組やイギリスのテレビ番組が放送されていますので、どんななまりでも英語は理解してくれます。

なので、日本人でも頑張って伝えたいと思って話をすれば何を言っているかはネイティブは理解してくれます。

あさとはワーキングホリデーでニュージーランドへ行き畑仕事をたくさんしました。

田舎の畑労働者のおばさんやおじさんと話しをすることが多かったため、当時リスニング力は鍛えられたと思います。

また、マオリ族の人たちはどの地域の人でも早口な人が多かった印象です。

 

語学学校で学ぶのはクイーンズイングリッシュ

少しイギリス英語について話をします。

イギリス国内は方言がたくさんあるんです。

昔キウイでイギリス出身のおじさんに聞いた話。

イギリス、特にロンドン近辺は「2キロ土地が変われば言葉が変わる」と言われていたそうです。

それだけイギリスには方言が多いということになります。

その中でも基本となる英語はありまして、それは「クイーンズイングリッシュ」と言われます。

ニュージーランドの語学学校で学習するのもクイーンズイングリッシュです。

クイーンズイングリッシュはクリアな英語で日本語で言う標準語と考えておけば良いと思います。

あさとがニュージーランドに行ってしばらく英語がなかなか聞こえず苦労していたある日。

テレビのトーク番組でアイルランド人がゲスト出演していました。

見ていると、そのアイルランド人の喋る内容がびっくりするぐらい理解できたんです。

アイルランド人はクイーンズイングリッシュに近いクリアな英語を喋ります。

語学学校で教わっている英語(クイーンズイングリッシュ)と、普段聞いているキウイイングリッシュ(KiwiEnglish)が違い過ぎたんでしょうね。

クセの強いキウイイングリッシュが理解できていなかっただけで、英語そのものは理解できりるようになっていたんだと分かりちょっと安心しました^^;

まとめ

ニュージーランド英語は日本人が馴染みのある英語と比べて発音が違いなまっているように感じる。

ニュージーランドはマオリ語もあるため独自の単語も日常会話に使われている。

キウイイングリッシュをしゃべらなくても英語ならニュージーランド人は理解してくれる。

 

-ニュージーランド, 旅と世界
-

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.