女性もサウナ!正しい入り方とおすすめの入り方

スポンサーリンク

サウナの入り方ってなんぞや?

どうも、あさとです(´▽`)

 

サウナは正しい入り方によってスカッと”ととのい”ます。

 

あさとは37歳でサウナに目覚めるまでは、

 

サウナに入り方があるということすら知りませんでした。

 

サウナの入り方を知らなかった当時は、

 

サウナ室で熱くなったらすぐ出て、水風呂も入らず。

 

それでは意味がなかっただなんて…!

 

それが30代後半になって、

 

サウナがこんなに面白いことを知ってしまうとは…!!

 

一生勉強一生サウナ(みつを風)

 

サウナ浴する前の準備

さあ、浴場に入ったらテンションマックスでサウナ入るわよ~!

 

の前に、しっかりサウナ浴する前の準備をしましょう。

 

———————-

・体や髪の毛をしっかり洗いましょう。

・体をしっかり拭きましょう。

・頭にタオルを巻きましょう。(サウナハットがあれば尚よし)

・タオルや巻き布の着用がある場合は守りましょう。

・水分補給をしておきましょう。

・サウナに入る前に少しお風呂で体を温めておくのも良し。

——————–

 

よっしゃーーーー!

 

準備万端ととのった!

 

いや、ととのえるための準備がととのった!

 

正しいサウナの入り方

サウナ浴のはじまりはじまりー!!

 

”正しい”とは書きましたが、

 

あくまで基本のサウナの入り方です。

 

なので、書いてあることは参考程度でアレンジ自在です。

 

基準は自分が心地よいと思うことが大事です。

 

強者サウナーの皆さんをまねて、

 

無理な入り方をする必要はないのでご安心を!

 

1.サウナ室に入る

・サウナ室に座って寛ぎましょう

・無理せず、まずは数分から12分程度入ります

・12分計がある場合は1周12分間を目安にします

 

2.水風呂に入る

・水シャワーか掛水を必ず行いましょう

・心臓から遠い部位から水をかけましょう

・静かにゆっくりと水風呂に浸かります

・数十秒から3分程度水風呂に浸かりましょう

 

3.休憩する

・体をしっかり拭きましょう

・タオルやバスローブなどを巻きましょう

・ベンチなどでゆっくり休憩しましょう

・水分補給をしましょう

 

この

 

1.サウナ→2.水風呂→3.休憩

 

で1セット(1ターン)です。

 

基本的な1セットの時間配分

以下は主人の友人である、

 

サウナ先生に教えてもらった基本の時間配分です。

 

1セット目

サウナ8分→水風呂2-3分→休憩

 

2セット目

サウナ12分→水風呂2-3分→休憩

 

3セット目以降

2回目のパターンを繰り返し

 

これが基本スタイルです。

 

しかし、サウナ室の温度によっては熱くて、

 

1回目に8分入ってられない場合もありますから、

 

これもまた無理せず自分のペースで、

 

熱くなったら出るということで問題ないです。

 

熱いサウナ室の場合低い段に座ったり、

 

入り口に近いところに座るなど工夫してください。

 

また季節や体調によっては、

 

「今日はやけに熱く感じるわね...」

 

「いつもよりえらい水風呂冷たいな」

 

などあるかもしれません。

 

その場合も体と相談しながら無理しないで、

 

自分が気持ちいいなと思う程度にしておきましょう。

 

 

何度かサウナ浴するうちに、

 

自分の心地よくなるパターンが自然と編み出せるため、

 

入るペースはこの限りではありません。

 

大体3~5セット位をゆっくりと休憩を挟みながら堪能すると、

 

血流が良くなって今日一日のコリがほぐれたり、

 

お肌がすべすべして来るのを身体で感じられると思います。

 

個人的におすすめのサウナの入り方

低温サウナと足湯のあるサウナ施設を基にしていますが、

 

私の今のトレンドと言いますか、

 

このパターンがいつも心地よくととのう!

 

という入り方をご紹介します(´▽`)

 

1セット

 

70度程の低温サウナ 20分

*寝ころぶか体がリラックスできる態勢が望ましい

水風呂2-3分

休憩しながら足湯

 

 

2セット目

 

高温サウナ8分

水風呂2-3分

休憩しながら足湯

 

3セット目

 

サウナ12分

水風呂2-3分

休憩しながら足湯

 

3ターン目をあと1.2回繰り返す

※休憩している時に十分な水分補給をしましょう

 

ポイントは低温サウナと足湯です。

 

低温サウナは寝そべることができるのがベストです。

 

温度も低めなので身体にも負担が少なくてじっくり入ることができます。

 

なのでいきなり高温サウナでガツガツ行くよりは、

 

ゆるやかにスタートを切ることができます。

 

足湯はなるべく熱めのお湯が望ましいです。

 

水風呂で冷えた体を足元から温めるのが最高に気持ちいいです(*´Д`)

 

おそらく末端冷え性だからか、余計に効いてるのかも。

 

足湯がない場合は、

 

熱めの温度の湯船に足だけ浸かるとかでも効果あります。

 

これで大体いつも間違いなく、

 

すっきりすこやかにととのってます( ´∀`)

 

当然施設によって入り方も変わって来ますので、

 

もし足湯のある施設でしたらお試しあれ〜♪(´ε` )

スポンサーリンク