女性もサウナ!生理中にサウナに入るのはダメなの?

スポンサーリンク

みんなどうしてる?気になる生理中のサウナ浴

  

どうも、あさとです(´▽`)

 

この記事では、女性の気になる質問でよくある、

 

生理中(月経期間中)とサウナについて書いてみようと思います。

 

サウナ好きの男性には興味のない?関係ない話だと思いますので、

 

今回男性はここでさよなら・ω・)ノシ

 

このお題に興味がある人はおつきあいください。(__)

 

ネットで調べてみると、

 

「生理の時サウナに入っちゃダメなの?」

 

「生理の方はお控えください。と施設の貼り紙に書かれているんだけど?」

 

「生理中にサウナに入ると経血が増えるらしい。」

 

こんな質問やうわさを目にします。

 

あさとはお医者さんではないので、

その辺、医学の側面からは一切話ができないんですが、

理論上こうなんじゃないのというあさとの見解をもって

うりゃっと、無駄に混ぜ返してみたいと思います。|д゚)ムダバナシ?

 

「生理中にサウナに入っちゃダメなの?」の質問の意味って?

まず最初に、

 

Q.「生理の時にサウナに入っちゃダメなの?」

 

という質問は2つの意味が含まれます。

 

意味その1.「生理中(月経期間)にサウナに入ることは銭湯・サウナ施設側はOKなの?」

 

意味その2.「生理中(月経期間)にサウナに入っても身体に悪影響はないの?」

 

ですよね。

 

まず最初に、

 

「生理の時にサウナに入っちゃダメなの?」

 

という質問に対して、個人的にあさとが現時点で思い至っている結論から申し上げると、

 

生理期間中の約1週間、特に生理が始まって1日目-3日目まで(※個人差あり)の

 

経血が多い期間はサウナ浴はやめておくのが、対外的にも、体にも無難な選択。

 

だと思っています。

 

で、その理由とは?

 

を説明していきたいと思います。

 

意味その1.「生理中(月経期間)にサウナに入ることは銭湯・サウナ施設側はOKなの?」

 

施設側が「生理中の入浴お断り」と貼り紙をしているのであれば、

 

理由はどうあれそれに従いましょう。

 

その施設のルールなので仕方ありません。

 

ちなみに、あさとが今まで行ったことがある施設で

 

「生理中の方入浴お断り」

と書かれているところは今のところ見たことがありません。

(*この記事投稿後、2つの施設で見つけました。)

 

このようなルールをあらかじめ明言していないサウナ施設については、

 

サウナ施設側が、

 

「節度を持って使ってくれる分にはよしとしている」

 

ということなんだと解釈しています。

 

とは言え、銭湯・サウナ施設や、またサウナを利用する人にとって、

 

生理中の人にサウナを利用されることでのデメリットもあります。

 

そのデメリットを考えてみたいと思います。

 

デメリット1)経血による施設や備品の衛生面の心配


以前、よく利用するサウナ施設で自分が巻いていた巻き布に、

 

経血の跡を見つけたことがあります。

 

洗濯しても経血跡が取れなかったんでしょうね。

 

正直見つけたら結構びっくりします。

 

一般的にどの施設のサウナ室にも、

 

たいがいあの黄色いタオル地のマットを敷いていたりしますし、

 

サウナ施設で利用するタオル地マット、巻き布、バスローブなど、

 

施設の備品を汚してしまう可能性があります。

 

汚れが取れなくなった備品は取り換えが必要になりますし、

 

取り換えが必要な備品が多ければ運営コストに影響が出てきます。

 

そうなるとそのうちルールを設けていなかったサウナ施設でも、

 

「生理中は入浴禁止」のルールが必要になって来ます。

 

施設スタッフも利用者も施設や備品がきれいな状態が気持ち良いと思うのはみんな同じでしょうから、

 

お客さんもサウナ施設側のそういった背景を理解しておくのが良いと思います。

 

 

デメリット2)貧血で倒れるなど急病人がでる心配

 

生理中は人によって貧血になる場合があります。

 

貧血気味から本当に貧血で倒れたりする場合もあるので、

 

生理で体が重たく感じているのに無理やりサウナに入るなんて荒修行をして

 

スタッフを驚かせるのはよしておきましょう。

 

意味その2.「生理中(月経期間)にサウナに入っても体に悪影響はないの?」

サウナ浴は、高温で体を温めて急激に冷却し血行を促す入浴方法なので、

 

通常時よりもホルモンバランスの乱れている生理中のほうが体への負担はあると思います。

 

しかし個人差があるため、こちらもまた結論から申し上げると、

 

身体への悪影響は人によるので自信で判断する必要がある。

 

ということになります。

 

先ほどお話したように、生理前後で貧血気味になったり、

 

風邪っぽい症状、頭痛、腰痛、腹部の痛み、疲労感、プチうつなど、

 

生理でのホルモンバランスの乱れによって症状は様々です。

 

経血量や生理期間の日数も人により差があります。

 

そして、症状の重さも人それぞれです。

 

生理痛があまりない方はもちろんサウナ浴に影響はないでしょうし、

 

生理痛の重い方はサウナ浴は控えたほうがいいということは言えると思います。

 

で、みんなぶっちゃけどうしてるの?

で、結局サウナ女子のみんなは「生理中ってサウナ行ってるの?」ってことで、

 

周りのサウナに通っている友人にも聞いてみました。

 

「サウナは生理中だと気を遣ったりして面倒なので行かない」

 

という意見が多数。

 

確かにそうです。

 

ストレスリリースしにサウナ浴しに行っているのに、

 

逆に気を遣うことでストレス感じちゃっていたら意味がないですよね。

 

じゃあ、生理が終わっていない時にサウナに行きたい場合はどうしたらいいかという質問に対しては、

 


「タンポン詰めて行けばいいんじゃないかしら?」

 

というのが周りのサウナ経験者共通の意見でした。

そうだよ、タンポンがあるじゃん。

 

タンポンの某メーカーのホームページを見ると、

 

「タンポンを使うと温泉も楽しめる♫」

 

と謳っています。

 

しかし、生理1日目-3日目(個人差あり)の経血量の多い時って、

 

多い日用のタンポンでも心もとない方もいらっしゃると思います。

 

そんな時はどうするのかというと、

 

ズバリ、サウナに行かない

 

と、断腸の想いで決断しましょう。

 

正直、よく考えなくても無理矢理サウナに入る必要はありません。

 

サウナに入らなかったとしても死ぬことはありませんw

 

もし、そんな状況でも無理矢理サウナに入ろうとしているのであれば、

 

それはサウナ依存が始まっているかもしれませんヨ(゚Д゚)マジカ

 

生理中にサウナに入ると経血が増えるってホント?!

Q.「生理中にサウナに入ってはいけないと書かれていましたが、なぜ入ってはいけないのですか?」

 

A.「…それは月経の時にサウナに入ると経血の量が増えるから入らないほうがいいという意味ですよ…云々」

 

というやり取りを某〇恵袋で見かけました。

 

しかし、個人的にこの回答には疑問を抱いてしまいます。

 

というのも、月経の仕組みを考えると、

 

月経が始まってから経血量が増えるという考え方が理にかなっていないと思うからです。

 

なぜ理にかなっていないかを説明するために、

 

まずは月経の仕組みを理解しておきましょう。

 

信用のできそうな生理用品のメーカーU社のサイトから見てきたことをまとめますね。 

====================

《月経の仕組み》

子宮は、受精した卵子を子宮内で守るための
ふかふかクッション兼受精卵の栄養にもなる血液(経血)を子宮内膜に溜めていく。

⬇︎

その後、卵管で待っていた卵子が受精しなかった場合、
子宮内膜に準備されたふかふかクッション材(経血)が必要なくなる。

⬇︎

クッション材である血液(経血)がはがれて体の外に出ていく。
(卵子も体外へ出ていく)

==========

これが月経の仕組みです。

 

この仕組みからわかるように、

 

一定期間で子宮内膜に溜まった経血量が生理期間に体の外に出ている

 

のであって、

 

一時的なサウナ浴のせいで血行促進されて、

 

身体全体から子宮に血が集まってきて体の外に出ているのではいです。

 

ちなみにサウナではないですが、

 

あさとは自宅であれば、生理中でもお風呂もシャワーも入ります。

 

お風呂やシャワーでしっかり体を温めたから生理中の出血量が増えた

 

ということを感じたことはありません。

 

また、生理前にサウナに行くこともありますが、

 

それで今月経血増えたなと感じたこともありません。

 

ということで自身の感覚値も合わせてみると、

 

経血量の増加と単発のサウナ浴は無関係なんじゃないでしょうか(‘ω’)

 

間違ってたら訂正します!

 

ご意見お待ちしております_(:3 」∠)_

 

生理前にサウナ浴するのはカラダにもいいかもしれない!

じゃあ、生理前にサウナ浴するのはいいのかしら?

 

という疑問について考えてみます。

 

あさとはサウナ浴でPMS(月経前症候群)が軽減された実感があります。

 

しかし、あくまでPMS(月経前症候群)の根本的な改善ではなく、

 

PMS(月経前症候群)軽減のサポートのような感じです。

 

根本的な改善には、禅やヨガなどで自分と向き合う時間を作ることが必要でした。

 

この辺はまた別の記事でまとめてみたいと思います。

 

まあ、PMS(月経前症候群)とまでいかない人でも、

 

月経前に自律神経の乱れからイライラして、

 

チョコレートのファミリーパック一気食いしたり、

 

今日は体をいたわってごほうびとばかりに

 

パスタや白ごはんドカ食いしたりが毎回治らない人もいると思います。

 

(●´з`●)(セロトニン求む)

 

サウナ浴はそういう自律神経の乱れをととのえてくれるようなので、

 

個人差はあると思いますが、

 

生理前のイライラから来るドカ食いも、

 

場合によっては食い止めることができるのではと思います。

 

また、サウナの反復浴で全身の血行が良くなるため、

 

寝つきが良くなってぐっすり眠れる効果もあります。

 

以上のことから、生理前にサウナ浴するのはいいと思います◎

 

ただ、生理前も既に体調が崩れ始めていたり、

 

体の変化を感じている方も多いと思いますので、

 

くれぐれも無理しないようにしましょう。

 

まとめ

今回は長々と思いつくまま書いてみました。

————–

・生理期間中の約1週間、特に生理が始まって1日目-3日目まで(個人差あり)の経血が多い期間はサウナ浴はやめておくのが、対外的にも、体にも無難な選択。

 

・生理中にサウナに入ると出血量が増えるというのは気のせいの可能性がある。

 

・生理前のイライラや軽い体調の変化はサウナ浴で軽減できる(個人差あり)

————–

 

どうしても生理中でもサウナに入りたいのであれば、

 

金持ちになってサウナ付きの家に住む。

 

これしかない!

 

さてと、宝くじでも買うか…

 

 

こちらは木製一人用の家庭サウナ

こちらはお庭における丸いアウトドア用サウナ

 

人気ブログランキング

スポンサーリンク