おんなサウナ放浪記【京都・上京区】山城温泉・容赦ない水風呂

 

どうも!あさとです。

前回に続き京都の銭湯サウナへ。

寺町通周辺でウインドウショッピングを楽しんだ後、

久々にあの振り切ってる銭湯サウナ、

上京区にある山城温泉へ行きました。

山城温泉の紹介は前回したので、前回の記事はこちら

今回のサウナ浴をばダラダラと書いてみたいと思います。

早速浴場から意気揚々とサウナ室に行くと、おや?

サウナ室のドアが数センチ開いている。

下を見ると5cm角、厚み1cm位の木片が、

完璧ジャストサイズでかませてある。

温度が高くなり過ぎないように、

銭湯スタッフが挟んだのかな?

と思いました。

サウナ室内の温度計を見ると107℃。

室温110℃から若干下がっていました。

先客2名。しばらくして1名出て行かれる。

熱さしのぎのけっこう仮面スタイルのご常連と、

あさとの二人きりに。

しばらく、サウナ水風呂休憩を繰り返した所で、

そのご常連が出て行かれる。

見ると、ドアのジャストサイズの木片がなくなっていました。

あのご常連が温度調節専用に「マイ木片」持参してたんか!

しかもあのジャストサイズ感。

たまたまいい木片を見つけたのか、

サウナ室のために用意したのか。

もし仮に後者だったら、

サウナのコンディションにおいては、

独自のこだわりがあるという証なのでしょうから、

百歩譲って「マイ木片」も肯定的に捉えられなくもありません。

が、しかし。

山城温泉の110℃を目当てに訪れているあさととしては、

通常よりも温度が低いのはしょんぼり残念な気持ちもあります。

結局その後も温度は上がらず107℃のままでした。

一般的な女湯サウナの平均よりは熱かったので、

問題なかったということにしておきます。

ちなみに湯上り、主人にこの話をしたところ、

男湯は基本的にどの銭湯でも、

サウナ室の温度を上げようとする人は見たことあるけど、

下げようとする人は見たことないそうです。

主人も熱めが好きな人なので、

そんなことされたら怒るらしいです。

 

さて、水風呂です。

出典:山城温泉

設定温度約8℃の水風呂!

水風呂にしては強めのバイブラバス。

水が循環しているはずですが、

底のほうは格別冷たく感じます。

温度計で水風呂を測りました。

測定水温11.8℃(バイブラボコボコしている一番冷たい辺りで測定)。

温度計のピック部分が長さ12cmなので、深さ12cmの測定値です。

山城温泉の水風呂は、女湯でも容赦ありません。

入った瞬間から冷水が刺すように肌を刺激。

瞬く間に麻痺してくるという、

凄まじいバイブラ冷却攻撃を仕掛けてきます。

この冷たく痛い攻撃は、

水風呂に浸かっている限り絶え間なく繰り出されます。

刺激に反応して言葉にならない「うなり」が思わず漏れます。

そして若干ですが脳が混乱します。

「無理せず早く出よう。」

と、瞬時に頭が切替えることができない程度の混乱です。

なす術なく11.8度の冷水に全て持ってかれている状態とでも言いましょうか。

しかしその持っていかれている状況を、

一歩引いて見ることができていれば、

ある意味シチュエーション的には、

滝行をする僧に近いのかもしれません。

(滝行したことないですけど)

1セット目はこの冷却攻撃に10秒ほどで降参。

水風呂を出てすぐから左胸に違和感が...

ちょっと心臓に負担がかかっている感じがしました。

深呼吸して、温かいシャワーを浴び水分補給。

しばらく休憩をして違和感は和らぎました。

主人も今回は、

「心臓止まるかと思った」(くらい冷たかった)

と少々大袈裟に言っていました。

心臓が強い人でも、

山城温泉の水風呂浴での無理は禁物です。

とは言え、こんな刺激的な水風呂は他に知りません。

銭湯の女湯では貴重な存在です。

これから更に暑くなってきたら、

今度は日の高いうちに行って、

露天で青空を眺めながら休憩したいと思います。

スポンサーリンク