人が生きている意味とは?に結論を出してみた

2019年5月10日

【記事を読む前に】この記事はパニック障害とうつ病を発症後、精神科医の指導や投薬等の現代医学に頼らず医学以外の方法でパニック障害とうつ病を完治したあさと自身の経験に基づいて書いています。他の方がここで書かれている通りの方法でパニック障害とうつ病が改善・完治するかは確認していないため保証はできません。
しかし、ここで書かれているあさとの経験談、試したことや心の変化は全て事実です。病気の話はエビデンスなしでは信用できないというのが常識であはりますが、あくまで一個人の経験談として読んでいただけると幸いです。

どうも、あさとです。

先日書いた存在(個)の恐怖の話の続きのような記事です。

「人が生きている意味って何ですか?」

という問いに対して、「子孫繁栄のため」と答える人は割と多い気がします。

あさとの個人的な意見ですが、その回答は間違っていないのかもしれないけれど少し疑問を感じます。

なぜかというと、もし子孫繁栄が人の生きている意味になるのであれば、

「全ての人間が子供を作らないと生きている意味がない。」

ということになるからです。

しかし、そんな簡単に「子供を作らないと生きている意味がない。」と一刀両断できるのでしょうか。

現実を見ると、子供を作らない人も幸せに生きることができています。

子孫繁栄が人間の生きる意味なのであれば、全人類がDNAレベルで子孫を残すという目標を持って生きていないとおかしいはず。

にもかかわらず、体質や疾患によって子孫繁栄に貢献できない人や自分の意思によって子孫繁栄に貢献しない人もいます。

なので理由としては正当に聞こえますが、現に子供を産まない人が存在しているのですから、生きている意味=子孫繁栄だと断言するのは少々説得力に欠けると思います。

それ以外にも人間には一人ひとり使命があって、それが生きる意味だと言う人もいます。

・国を動かす政治家になる使命。

・親の事業を継ぐという使命。

・人を助ける人生を歩むことが使命。

本当に一人ひとり使命ってあるんでしょうか。

そもそも人間の生きている意味ってあるのでしょうか?

あさとはパニック障害とうつ病を完治して、恐ろしい位に生きている意味に向き合いました。

病に苦しんでいる時はずっと「生きている意味なんてない」「無価値」という言葉に打ちのめされていました。

しかし回復していく中である程度結論に近い部分に行きついたのでそれをお話してみたいと思います。

じゃあ、人が生きている意味とは?に結論を出してみた。

人はなぜ生きているのか?

この素朴でありながら壮大な疑問に対するあさとの現時点での結論は、

「分からない」

です。

おい!分らんのかい!!!

とツッコミが入ること間違いなしなのは覚悟の上です。

しかしどう考えても「分からない」が現時点での結論です。

これは、「別に生きている意味なんて分からなくても良いんだ」という結論に落ち着いたということなんです。

この世は何にでも根拠や理由があるのが常識です。

しかし、それは人間社会での話です。

根拠や理由は納得しなければ気が済まない自我の欲求。

人間の脳がなせる業と考えています。

人が生きている意味が「分からない」で済ませられる理由として言えることは、生きている意味が分からなくても一生生きていけるということです。

現にあさとは今まで自分の生きている意味を知らないで生きています。

その昔スピってた時は、「前世書生だったりガラス職人だったから今世も本を読むのが好きだしガラス製品が好きだ...」みたいな話を本気で信じて自分の今生きている意味を照らし合わせたりして安心していました。

しかしよく考えてみれば、過ぎ去った知らない前世のことなんてどうとでも言えるし実態がないので信用のしようがないと気づきました。

そこから、みんな生きている意味なんて結局安心するために好き勝手に作っているんだと悟りました。

以前、5ちゃんのひろゆき氏が「生きる意味ってなんですか?」って質問の回答がTwitterで流れてきて、私も似た考えだなと思ったので紹介します。(*因みにひろゆき信者ではありません。)

他の件はさておき、ひろゆき氏のこの回答は共感できます。

人間以外の動物たちはあるがままを生きていて、生きる意味なんて別に考えていません。

生きる意味は脳が発達した人間だけが深刻に考えているんじゃないでしょうか。

少し話が逸れるかもしれませんが、昔、『銀座OL世界をゆく!3 ダライ・ラマに恋して(2005年3月、フジテレビ)』でチベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ法王14世は、たかのてるこ氏にこんな質問をされました。

「神はいると思いますか?(英語)」

すると、ダライ・ラマ法王14世はそんなに考えることなく、あっさりとこう答えました。 

「I don't know.(知らないよ)」

これ、個人的にかなり印象に残っていて生きる意味の結論に似ているなと思っています。

人によっては、ダライ・ラマ法王14世ともなれば「もちろん神は居るし会ったことがある。」とさえ言うだろうと想像したり、それに似たような答えを期待するでしょう。

しかし、猊下(げいか)はあっさりと「知らない」と返答していました。

その言葉に噓偽りを感じない率直な意見だと確信できたので、当時すっかりファンになってしまいました。

もし

「なぜ人は生きているのか?」

と聞かれたら、

私は、

「わかりません」

と答えます。

分からないってことは、意味が無いのと同じです。

これは私とあなたの生きる人生だけでなく、地球上にいる全人間の生きる人生に意味はないという考えです。

「生きる意味がないなんて…そんなの耐えられない!じゃあ死ぬしかないってこと?!」

と頭の中で慌てふためいてしまうかもしれません。

でも慌てふためく必要なんて全くもってありません。

生きる意味なんてしょい込む必要はないのであって、むしろ安心して良いポイントです。

「生きる意味なんてなかったんだ!なーんだ。じゃあ、気楽に今を楽しもう♪」

と思えたら肩の荷がドサッと落ちることでしょう。

 

私たちは今にしか生きていない

生きる意味がないと思う理由の一つに、今しか存在していないということが挙げられます。

私たちが存在していると言えるのは唯一「今」だけです。

今ここに在ることが全てでそれ以上もそれ以下もありません。

もし仮に生きている意味を付けるならば、これまでの過去の功績やこれから起こる輝かしい未来の自分も含めて自分であるということになります。

それを繋げたのがその人の人生と人間は定義付けています。

過去は今存在していないので実態がなく、過去の記憶だって自分の都合の良いように改ざんされていたり誤って記憶していることだってあります。

また仮に過去の記憶がなくなってしまったとしたら、自分の人生を辿ることができません。

それでも生きています。

動画で記録すれば過去を証明できるじゃないかとなりますがそれは一側面そうです。

しかし私たちが見ている動画はデジタルでできた粒子の集まりです。

それ自体は過去ではありません。

もう一度言いますが、

今こうして生きていて、ここに居る。

という事実以外は存在していません。

私もこの事実にたどり着いて、随分とたくさんの不安と恐怖から解放されました。

不安と恐怖は全て過去や未来にあって、今にはありません。

だから今に安心して寛いで大丈夫です。

今回の話もパニック障害やうつ病で辛い思いをしている人の考えるヒントになれば幸いです。

-メンタルヘルス, 心と体
-,

Copyright© あさとのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.