人が生きる意味を考えてみた

投稿日:2019年5月10日 更新日:

どうも、あさとです。

先日書いた存在(個)の恐怖の話の続きのような記事です。

「人間が生きる意味って何ですか?」

という問いに対して、「子孫繁栄のため」と答える人は割と多い気がします。

あさとの個人的な意見ですが、その回答は間違っていないのかもしれないけれど少し疑問を感じます。

なぜかというと、子孫繁栄が人間の生きている意味なのであれば、

「全ての人間が子供を作らないと生きている意味がない。」

ということになるからです。

しかし、そんな簡単に「子供を作らないと生きている意味がない。」と一刀両断できるものでしょうか。

現実を見ると子供を作らない人も幸せに生きることができています。

子孫繁栄が人間の生きる意味なのであれば、生きている全人類が子孫を残すという目標をDNAレベルで持って生きていないとおかしいはず。

にもかかわらず、体質や疾患によって子孫繁栄に貢献できない人や自分の意思によって子孫繁栄に貢献しない人もいます。

なので理由としては正当に聞こえますが、現に子供を産まない人が存在しているのですから、生きる意味が子孫繁栄だと断言するのは若干説得力に欠けると個人的に思います。

それ以外にも、人間には一人ひとり使命があると言う人もいます。

・国を動かす政治家になる使命。

・親の事業を継ぐという使命。

・人を助ける人生を歩むことが使命。

本当に一人ひとり使命ってあるんでしょうか。

そもそも、人間の生きる意味ってあるのでしょうか?

 

じゃあ、人間が生きる意味って何ですか?の答え。

人間が生きているのか?

 

あさとの現時点での結論は、

「分からない」

です。

おい!分らんのかい!

とツッコミが入ること間違いなしの結論で申し訳ありません。

でも、「分からないが」現時点での結論です。

分からなくても良いんだという結論に落ち着いたというのが実際の所です。

社会には何にでも根拠があって当然という風潮がありますが、それは納得しなければ気が済まない自我の欲求によるものでしかないとあさとは考えています。

まず言えることは、生きている意味が分からなくても一生生きていけます。

現にあさとは今まで知らないで生きています。

私たちは、1秒、1分先に何が起こるかを知ることができません。

先の事は思ったようにいくこともあれば、そんなにうまい具合にいかないことだってあります。

以前、5ちゃんのひろゆき氏が「生きる意味ってなんですか?」って質問の回答がTwitterで流れてきて、私も似た考えだなと思ったので紹介します。(*因みにひろゆき信者ではありません。)

他の件はさておき、ひろゆき氏のこの回答は共感できます。

「生きる意味」って脳が発達した人間だけが深刻に考えているんじゃないでしょうかね。

少し話が逸れるかもしれませんが、昔、『銀座OL世界をゆく!3 ダライ・ラマに恋して(2005年3月、フジテレビ)』でチベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ法王14世は、たかのてるこ氏に質問されてこう返しています。

たかのてるこ氏「神はいると思いますか?(英語)」 

ダライ・ラマ法王14世「I don't know.」

これ、個人的にかなり印象に残っていて、「生きる意味」の答えに似ているなと思っています。

人によっては、ダライ・ラマ法王14世ともなれば「もちろん神は居るし会ったことがある。」とさえ言うだろうと想像したり、そんな答えを期待するでしょう。

しかし、猊下(げいか)は「知らない」とハッキリと言っていました。

それが猊下の答えであり、その言葉に噓偽りを感じない回答だったので、当時すっかりファンになってしまいました。

もし

「なぜ私(人間)は生きているのか?」

と聞かれたら、

私は、

「わかりません」

と答えます。

分からないってことは突き詰めれば、生きる意味はないのと同じ。

これは私とあなたの生きる人生だけでなく、地球上にいる全人間の生きる人生に意味はないという考えです。

「生きる意味がないなんて…じゃあ死ぬしかないってこと?!」

と思われるかもしれません。

全然そんなことありません。

生きる意味なんてしょい込む必要はないので、安心して良いポイントなんです。

「なーんだ。じゃあ、気楽に生きよう♪」

と思って問題ありません。

 

私たちは未来を知ることができない

私たちは未来を知ることができません。

なぜなら、私たちが存在していると言えるのは唯一「今」だけだからです。

未来はそもそも存在しておらず、脳みその中にあります。

そんな存在していないはずの”未来”をあれこれ心配して苦しむのは最低限にしたいです。

生きるために必要な危機管理以外に、まだ起こってもいないことで心配事を抱える必要はありません。

もう一度言いますが、

今こうして生きていて、ここに居る。

という事実以外は存在していません。

私もこの事実にたどり着いて、随分とたくさんの不安と恐怖から解放されました。

今回の話もパニック障害やうつ病で辛い思いをしている人の考えるヒントになれば幸いです。

-メンタルヘルス, 心と体
-,

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.