おんなサウナ放浪記【東京・駒込】カプセル&サウナ ロスコ・女性も泊まれるカプセルホテル付サウナ

どうも、あさとです。

 

所用があり東京に来ました。

 

そのため、ついで以上にサウナに行く計画をしてやって参りました。

 

今回の所用は1日目だけですが、

 

3日間関東滞在して行ったことのないサウナへ出向きたいと思っております。

 

まずは一日目。

 

大阪~東京の1950円という破格の夜行バスを見つけたので予約。

 

乗り心地は言わずもがな。

 

慣れていないのであまり寝ることが出来ずどっと疲れてバスタ新宿に到着。

 

一つ目に滞在するサウナはカプセルホテル付きの駒込カプセル&サウナ ロスコへ。

 

スポンサーリンク

カプセル&サウナ ロスコへのアクセス

JR山手線で駒込駅下車。

 

東口改札から北側に出て上を見上げるともうそこにロスコの看板が出ています。

 

それを頼りに進めば1分程度でロスコに到着。(ホームページでは30秒!)

 

施設について

入口看板は新しく作られたもののようです。

 

公式ホームページでの情報によると、

 

2014年あたりからリニューアル進行中らしいです。

 

建物の大きな看板を見てもわかりますが、

 

館内に足を踏み入れると昭和のにおいが漂うレトロ施設です。

 

現在のホームページから見受けられる雰囲気は新しめに見える部分もありますが、

 

女性側は特にでしょうか、古さを感じる施設ですね。

 

靴箱に靴を入れて受付でカギを預けてチェックイン。

 

入って正面階段で2階へ上がります。

出典:カプセル&サウナロスコ

ロッカールームのロッカーは細めでキャリーバッグは入りません。

 

荷物の整理をして入らない分は1階にある良心的なコインロッカーに入れることになっています。

 

大 6時間 100円

中 8時間 100円

小 12時間 100円

全部100円!!

 

機内持込可能なサイズのキャリーバッグでしたが小に入りました。

 

ロッカーには館内着とフェイスタオル1枚バスタオル1枚が準備されています。

 

お風呂は朝9時から清掃時間に入ります。

 

チェックインしたのが朝8時過ぎであとちょっとしか時間がない。

 

おっと早く準備しないと。

 

あさとが急いでいると、ものすごい勢いでロッカールームに入ってきて、

 

最速で服を脱いで浴場へ一目散に走っていく人が。

 

タナカカツキ先生の動くスタンプにあるあの感じ。

 

さすが東京はすげえなと呆気にとられました。

 

サウナ・水風呂・休憩

こちらは天然水を使用したシャワーとお風呂だそうです。

 

浴場はとってもこじんまりしています。

 

ネットでは男性のフロアの写真を見ていたようです。

 

そのため露天風呂のジャグージやサウナ浴中の休憩場所などはありません。

 

手前から高温サウナ、浴槽は水風呂、バイブラバス、スチームサウナと並んでいます。

 

洗い場が中央と奥に計10個位。

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープが設置されています。

 

シャワーの圧は場所によってさまざまなので出してみてチェックしてみましょう。

 

全身洗濯。

出典:カプセル&サウナロスコ

サウナ室の座るスペースは一段。

 

室温計90℃、湿度は低め~平均的です。

 

定員10名程度、12分計あり。

 

テレビあり。

 

照明は明る過ぎずちょうどいいです。

 

ストーブの真横に座ると熱の厚みを感じるというか、

 

顔に熱さが集中するというか、

 

このコンディションどこかでも味わったことがあるなと思いました。

 

そうそう、歌舞伎町のAKスパ510(ゴテン)のサウナ室の塩梅に似ています。

 

ロスコのほうがサウナ室内はきれいな感じではありますが。

 

そして水風呂はと言いますと、

 

定員2名程度の広さ。

 

左手にライオンさんの口から水供給、

 

右手からはボコボコ噴出す水泡。

 

水温計は壊れているのか読めません。

 

持参した温度計で水温測定。

 

水温18℃。

 

さて、朝9時の清掃時間まであまり時間もないので、効率よく行きましょう。

 

1セット目サウナ12分→水風呂2分→休憩水分補給のみ。

 

2セット目サウナ12分→水風呂3分→スチームサウナで座って休憩

 

終了!!

 

サクッと温まりました。

 

カプセルで仮眠を取って所用で高田馬場へ。

 

その後友人と飲んで遅くにロスコに帰ってきてまたサウナ。

 

帰ってきてからのサウナも似たような2セットで終了。

 

水流がある水風呂なのでちゃんと冷えました。

 

サウナ後の寛ぎタイムなど

 

サウナあがり、施設2階の女性専用休憩室へ。

 

生ビールでも飲みながら寝る前に一休みしようかなと思ったのですが、(まだ飲むんかい)

 

自動販売機の缶ビールのみの取り扱い。

 

350ml缶のスーパードライとキリンラガーだったかな。400円です。

 

サウナ後の生ビール依存症のあさとは砂漠で水を求めるがごとく生ビールを求めて4階へ。

 

さすが深夜の食堂は男性客しか居ませんね。

 

4階の食堂の横にリクライニングベッドあっていびきかいて寝てる人もいてます。

 

オープンでいいと思います。

 

贅沢言うとサウナでととのった後はノーブラで寛ぎたいので、

 

願わくば2階で生ビールが飲めたらありがたいなと思います。

 

20分飲み放題何円とかにしてセルフで注げるビールサーバー置いとくとか、

 

そんな感じで対応していただけるとガンガン飲みますよ!(勝手な提案)

 

今回2階の女性専用休憩室は私が滞在している時間はあまり機能していなくて、

 

スタッフ不在のため4階へお越しくださいと誘導のお知らせが常に出ていました。

 

朝ごはんも2階でだったら食べたけど、4階に行くのが面倒でやめておきました。

 

女性の利用客がさらに増えたら2階も常駐スタッフがいてくれるのかも。

 

もっと女性でロスコを利用しましょう。

 

まだまだ少ない女性のカプセルホテルは値段も安くてありがたいです。

 

個人的にカプセルホテルは割と好きなので、

 

サウナ付きカプセルホテルはどんどん増えて欲しいです!

 

利用料金

今回は24時間カプセル宿泊(4320円)にしました。

 

恐る恐るサウナスパ健康アドバイザーの認定カードを提示。

 

あさ「あの、このカードで割引ができると聞いたのですが…」

 

受付「それは、300円割引きですね。4020円になります。」

 

無事に割引適用されました。

 

というのもこの認定カード。

 

施設スタッフにあまり認知されていないらしく、

 

受付で提示すると、

 

「なんすかそれ」

 

と言われて恥ずかしい思いをすることがあるとの声がちらほら。

 

ロスコさんは大丈夫でした!

 

スポンサーリンク