おんなサウナ放浪記【東京・後楽園】スパラクーア・ヤルヴィでロウリュ三昧

どうも、あさとです。

さて、宿泊先のロスコを出まして今日はスパラクーア(SpaLaQua)へ。

去年のリニューアルで館内が随分良くなっていると聞きつけて、

計画時点で行くことにしていました。

スポンサーリンク

スパラクーアへのアクセス

スパラクーアへのアクセスは、

東京メトロ丸ノ内線後楽園駅徒歩約1分

東京メトロ南北線後楽園駅徒歩約1分

都営地下鉄大江戸線春日駅徒歩約2分

都営地下鉄三田線水道橋駅徒歩約3分

JR中央線・総武線水道橋駅徒歩約6分

といろんな線から攻めることができ、

しかも徒歩10分圏内とっても便利です。

朝から雪が降ってました

施設の様子

さて、11時のオープンちょっと前に専用エレベーター前に着くと、

平日でも11時開店前からエレベーター前は列

すでにたくさんの人がスパラクーア行きの専用エレベーター前で列を作っていました。

大人気です。

11時にエレベーターに乗りこみ6階へ。

エントランスを入り靴箱に靴をいれて受付の列へ。

誘導もスムーズで受付でチケットを渡し館内へ。

靴箱のロッカーキーは自分で管理します。

館内着の引き換えプラスチックバーとロッカーキーを渡されロッカールームへ。

ここからは女性フロア

館内着ブースで館内着引き換え。

館内着は後からの変更にお金がかかるというシステム。

サイズは大き目を言っておいたほうがいいかもしれません。

ロッカー広くてキャリーバッグも入ります。

早速タオルとサウナハットを持って浴場へ。

サウナと水風呂と休憩

浴場へ。

当たり前ですがものすごく広い。

関西で言うスパワールドみたいな感じでしょうか。

全身洗濯。

シャンプー、トリートメント、メイク落とし、洗顔もポーラや他のブランド(失念)が

ブース毎にあって選んで座るのも楽しいと思います。

今回の目当てはもちのろん!

フィンランドサウナ「ヤルヴィ」。

フィンランドスタイルのロウリュができるサウナができているということで、

一目散に露天へ向かいます。

あった!ヤルヴィの入口を開けます。

出典:スパラクーアこの写真は明るく映ってますが実際はもっと暗いです。

...これはヤヴァい。

名古屋栄のサウナラボのサウナのサウナ小屋以来のこの感じ。

中は照明が手前のほうだけにしてあって薄暗くて雰囲気最高。

入口すぐ左手にサウナストーンがもりもりに盛られたストーブ。

垂涎の的であるセルフロウリュウセット(バケットとラドル:アロマ水の桶とひしゃく)が目の前に...!

ぐ、ぐわーーーッ!!!(嬉)

入った時にはすでに今だれかアロマ水かけましたという感じのロウリュがモンモンしていたので、

そのまま木製の5段くらいの階段を上がります。

座るスペースは写真のように2段にあります。

1段目でも高床の造りになっていて、

床から1.2m位の高さはあるでしょうか。

座るスペースにはほとんど照明がなく外から入る光を利用しています。

温度計は72℃位でしょうか。

テレビはもちろんありません。

木の香りが充満していて呼吸をすると心が安らぎます。

わはーーーーー即極楽。

しばし寛ぎます。

誰もいなくなったところを見計らって、

ひとりで今か今かとお待ちかねだったロウリュタイム。

ジ、ジュ、ジュワ、ジュワワワ~~

ジ、ジュ、ジュワ、ジュワワワ~~

ジ、ジュ、ジュワ、ジュワワワ~~

ジ、ジュ、ジュワ、ジュワワワ~~

ストーンが大きいので4杯くらいかけて階段を上がります。

小屋の中に一気にミントの香りが広がってロウリュが充満。

うわはぁあ~~~!!!

た、たまらん!!!

アロマの香りを満喫したいなら1段目より2段目がいいですよ!奥さん!

誰もいないことをいいことにタオルで自分にセルフアウフグース。

パタパタパタ...

ぬあーーーっきもつえーーっ!!!

やあ...たまらんですなあ。

溶けてバターになりそうだ。

そして、ロウリュでしっかり温まった体を冷やしに外へ。

今日はとても寒いので外気浴だけでも充分にととのいますが、

ヤルヴィの外右手に冷水が準備されています。

冷たいですがそこまでキンキンにはなっていないお水です。

これもきもつえええええ!!!

掛水をするとさらに体から湯気がモウモウと上がって、

T2(ターミネーター2)のシュワちゃんの全裸登場シーン再現してるやつおるやんと、

遠目に思われていたかもしれません。

休憩スペースも露天で。

ベンチがいくつか設置されているのでお好きなベンチでゆっくり外気浴。

寒いし雪ちらついてるし最高やん!!

これは今日はヤルヴィに引きこもり決定です。

しかも、ちょくちょく人が入っては来るのですが、

ヤルヴィひとり占めの時間が何度もあって、

たくさんの利用者がいるにもかかわらず完全に穴場です。

都会のど真ん中でサウナの静寂を体験できるなんて贅沢過ぎませんか。

入ってきたおばあ様二人組。

しばらくしてロウリュセットを見つけました。

「あら、あそこにお鍋とお玉があるわよ」

「足にかけるのかしら」

と話をされて、

出ていく時に足にロウリュのアロマ水をかけて出て行っていました。

また、別のご婦人が一人で入ってきて階段を上がらず入口前に体育座り。

ご婦人もアロマ水を見つけて足や手にかけて出て行っていました。

見ているだけでもアロマ水が手足の掛水に使われること3回ほど。

確かに説明書きが周りにないし、

地べたにバケットが置かれているので足にかける以外に想像しにくいですよね。

あと、地べたに置かれたバケットからサウナストーンまでの高さがあり過ぎて

ラドルで慎重にすくってストーンにかけるまでにアロマ水をまあまあこぼします。

なので、サウナストーン前にバケット置くための台を設置するか、

もしくは座席にバケットを置くか。

そうすればロウリュしやすいなあと思いました。

さあ、あさとは結局ほとんどの時間ヤルヴィでどっぷりサウナ浴で、

もう充分ととのいました。

ですが念のため、他のサウナも少しだけチェック。

出典:スパラクーアテルマーレ

ミストサウナテルマーレは設定温度45℃と低め。

タイルベンチに座ってみたのですが人肌程。

温まらなくて割とすぐに出てしまいました。

中高温サウナシュテフィもあるので、念のためそちらもチェック。

16時にアウフグース開催と書かれていたので行ってみました。

出典:スパラクーア実際は一面タオルが敷かれています。

サウナ室、定員50人程。

室温80℃程度、湿度高め。

テレビあり。

アウフグースサービスの席取りがすでに始まっていました。

3段目はすでに場所がなく2段目を確保。

始まるころには満員御礼でした。

入ってきたスタッフは一人。

この人数ひとりじゃ大変だろうなと思っていましたが、

1回目のアロマ水投入

ストーブ前で熱波を扇ぐ

ひとりにつき3回ほど扇ぐ

2回目のアロマ水投入

ストーブ前で熱波を扇ぐ

終了

個別に扇ぐのは1回だけでした。

しっかり温まって終了

水風呂は22℃でアウフグース後だと体が冷えるのに時間がかかりますが、

水風呂入ったことない人にはちょうどいい温度かもしれません。

出典:スパラクーア手前の丸いところに温かい掛湯が入ってます。

サウナ後の寛ぎなど...

館内着に着替えて充実したアメニティを利用。

ヘアケア、スキンケア製品もいくつかのブランドのものが設置されていました。

メイク道具は有料。

5階は開放的で大きな窓から外をぼんやり眺めて休憩できます。

ソファも充実していて、おしゃれなホテルのロビーのようです。

お食事処は、お蕎麦などの和食、ベトナム料理、カフェバーなどがありました。

ベトナム料理やカフェバーはランチセット1500円前後。

和食は1000円以下のメニューもあって人気がありました。

お腹は減っていたのですが、

そそるものがなかったので飲み物だけ補給。

ファイブミニ140円。フィジーウォーター500円ってどやさ...

ソファでしばし寛ぎスパラクーアをあとにしました。

今回利用しませんでしたが女性専用のレディースラウンジがあり、

手ぶらで泊まりに来ることもできます。

また東京来た時に利用しようかなと思います!

利用料金

スパラクーアは入館料2850円となかなかのお値段。

事前にクーポンなど割引で安く入れる方法がないか探しました。

・生協の会員特典
・株主優待特典
・文京区民割引特典

上記はどれも該当しないので一見のあさとには割引適用は難しいものです。

で、ヤフオクとメルカリをチェック。

幸いご利用優待券がばら売りされていたので、

今回はメルカリで値段交渉して2200円でゲット。

随分お安くなりました。

次回もタイミングが合えば優待チケットを利用しようと思います。

スポンサーリンク