【おんなサウナ放浪記】アダムアンドイブ・よもぎスチームでリラックス

2020年4月26日

どうも、あさとです。

皆さん健康にコロナ自粛生活できていますでしょうか。

4月7日の非常事態宣言から2週間経過しました。

あさとは仕事は完全リモートワークになりましたが、思ったより忙しく過ごしております。

なので自粛期間中におんなサウナ放浪記をさっさと書いてしまいたいと考えているにも関わらずあと5施設分も残っている。

のんびり行かせていただきます。

さて、今回は3月17日のかるまるレディースデイで東京に行った際、

早朝に利用させてもらいました六本木のアダムアンドイブです。(現在5月6日まで休業中)

本当は新宿のテルマ―湯に行こうと思っていたのですが、この時既に新型コロナウイルスの影響で施設の営業時間の短縮が始まっており、テルマー湯が10時から営業という微妙な時間帯だったので断念。

24時間営業しているのがアダムアンドイブだけでした。

苦手な深夜バスに乗って一睡もできず6時台に東京駅に到着。

そこからアダムアンドイブに向かいました。

では、行ってみましょう!

(撮影写真は掲載許可済)

【アダムアンドイブ】施設の様子

アダムアンドイブに到着~!

そうそうこんな変な形を写真で見ていました。

外観はどことなく地区にある昔ながらのスポーツセンターを思わせる色合い&雰囲気。

壁には「男・女 サウナ」というざっくりした看板

 

こちらの階段を上ります。

 

そして、このかわいい看板。

イラストも色合いも素敵。

入ると下駄箱があるので靴をしまって鍵をフロントへ。

まず先にフロントでお会計を済ませます。

タオルをもらって一通り館内の説明を受けました。

階段を上がって女性のフロアへ。

脱衣所ロッカーはこんな感じ。

ハンガーは1つだったかな?失念。

メガネ置き、傘立があるロッカーです。

既に私の荷物が散らかっております。

ロッカー手前にドレッサー。

化粧水、ミルク、綿棒、ティッシュ、ドライヤーが設置されています。

ここに居た時は全く目に入っていなかったですが公衆電話もありますね。

イヴと書かれたオリジナルのバスタオルとフェイスタオル。

  

バスローブは申し出ればお借りできます。

さて、準備して浴場へ。

ロッカールームから浴場はすぐで脱衣所スペースは棚があるだけ。

食堂側からも浴場に入れて脱衣所スペースが小さくて直結してるので下手すると裸のまんま食堂入っちゃいそうな感じでもある。

食堂は座敷になっていて床暖。

浴場はとってもシンプルで、洗い場、浴槽2つ、ドライサウナ、よもぎスチームサウナ、岩盤浴、あかすりベッドが並んでいました。

丁度私が入った時は浴場の掃除中でしたが、問題なく洗い場を使用させてもらいました。

洗い場にはシャンプー&コンディショナー、石鹸が置いてあります。

歯ブラシ・ゴシゴシタオルもご自由にどうぞスタイル。

洗髪、洗体して一旦温かいお風呂に入ります。

お風呂は広めで40℃くらいでしょうか。

体が温まってきたらまずはドライサウナへ。

 

【アダムアンドイブ】サウナ・水風呂・休憩

ととのうサウナのチェックポイント
サウナ特徴 ドライサウナ/よもぎスチームサウナ
サウナ温度 83℃/88℃
サウナ湿度 低い~並/高い
水風呂温度 15℃
水風呂特徴 深さ60㎝・水流少なめ
サウナ浴用休憩場所 なし
ロウリュ なし
無料アメニティ SCB、
レストルーム有無 食堂にリクライニングチェアあり
利用料金 2,940円
営業時間 24時間(5月6日まで休業)
公式サイト https://www.adamandeve.biz/

サウナ

写真は男性側のサウナでしょうか、ちょっと雰囲気が違って見えます。

ドライサウナの熱源は遠赤外線ストーブ。

座面は2段定員12名程度。

室温83℃、湿度は低め~並。

テレビなし。

照明は明るくなくて落ち着く。

入って左手に木でできた枕がいくつか置いてあるので寝転んでもOKってことのようです。

ドア横と奥にガラス張りの窓があって向こうによもぎスチームサウナ室が見えています。

サウナ室の壁は竹で装飾しているのですが、時々釘の頭が出ているので壁にもたれる時は気を付けて見た方が良いかもしれません。

そして、よもぎスチームサウナ。

スチーム生成器のような箱の上に竹素材のすだれ状の蓋がされていて、そのうえによもぎが入っているらしき袋が置いてありました。ほんのりよもぎの香り。

下からも熱が出てきているようでスチームが部屋の中いっぱいに充満していて、入ると視界が遮られる程のスチーム量でとてもいい熱さ。

壁際にお風呂椅子が3つ程置いてあって座って蒸気を浴びます。

ドライサウナ側にガラス窓があるのですが、ドライサウナ室がスチームで見えない位の視界。

8分も入れば体がしっかり温まります。

水風呂へ。

水風呂

水風呂はサウナ室の前なので5歩もあればたどり着きます。

浴槽は5名程度入れそうな小さすぎない大きさ。

浴槽の前は壇になっていて、置いてある掛水用桶で水を浴びます。

水温15℃、浴槽の深さ50㎝~60㎝程度。

深さ的にお山座りよりも縁に手をかけて後ろに体を伸ばす方が気持ち良かったです。

 

休憩

サウナ後の休憩はガーデンチェアが1脚あったように思います。

あさとは使わず一旦浴場を出て脱衣所で水分補給したり、浴槽の前に壇があったので座ることもできました。

ドライサウナ室で休憩するのもあり。

外気浴スペースはありません。

 

【アダムアンドイブ】利用してみた感想

熱々のよもぎスチームサウナと15℃の水風呂の相性が良かったです。

よもぎスチーム&水風呂で3セット程繰り返し、ドライサウナは水風呂後に休憩するための部屋として利用。

朝8時台からの入店だったのでほとんど他のお客さんに合うことなく静かな時間帯でした。

お客さんなのかスタッフなのか分からない人がリクライニングチェアに1名。

後からタトゥーが入った若い方が1名浴場に。

サウナ室も静かだしとてもリラックスできた。

座敷にお客さんはゼロだったので床で寝てもいいか聞いてみたのですが、リクライニングチェアで寝るように言われました。

テレビがずっとついていましたが疲れてたのでひと眠り出来ました。

アダムアンドイブ来たらサウナ室でオロポが醍醐味という人も多いみたいなんですが、ポカリスエットが苦手なあさとはオロポは飲みませんでした。

オロポは浴場の入口から電話注文するとドライサウナ室の中まで持ってきてくれてサウナ室で飲めるらしいです。

ドライサウナは温度も低くて20分は入っていられるので、オロポ飲みながらゆっくりしてもいいんじゃないでしょうか。

食事も六本木価格でお値段がはるようですが美味しいらしいので次回挑戦だな。

スタッフの方はみんな韓国人だったようです。フロントの方も掃除スタッフも優しくて居心地も良かった。

六本木というよりは韓国来てる気分になれるサウナ施設です。

話によると、食堂では半裸でご飯食べて寛いでる人もいたりするらしいw

緩みモードが許される素晴らしい施設だな。

次回は7時間ダラダラしに来ようと思います。

この後池袋かるまるのレディースデイのため池袋へ向かいました。

池袋で中華料理屋さんのランチをいただきました。

 

【アダムアンドイブ】利用料金・アクセス

利用料金

私が行った日が火曜日だったので7時間2,940円でした。

通常入浴料(7時間) ¥3,990 (午前7時~深夜12時)
月曜日・火曜日 ¥2,940 (休日・祭日を除く)
深夜12時以降 ¥2,700 (午前7時より延長料発生)
延長料 ¥550 / 1時間

あかすりやエステもあります。

階段にメニュー表がありました。

あかすり、、マッサージ、フェイシャル、脂肪ケア、カッピングなど韓国系スパなメニューです。

 

アクセス

六本木ヒルズ方面に歩いて13分。

六本木ヒルズを抜けて広尾方面へ。

中国大使館の向かいにあるので警察官が付近に立っていて物々しい雰囲気もありましたが朝は平和でした。

-サウナ, 関西, エリア
-, ,

Copyright© あさとのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.