【おんなサウナ放浪記】三光湯・昭和レトロな外観と102℃のサウナ

投稿日:

どうも、あさとです。

さて、今回は水風呂の冷たさを求めて行って来たのは大正区。

大正は沖縄出身者が多く住む町としても有名でリトル沖縄と言ったりします。

第一次世界大戦の時代、工場の多かった大正区に出稼ぎで沖縄出身者が多くやってきた名残だそう。

JR線の高架下や商店街を見ると沖縄料理屋さんや沖縄物産店なんかが目に入ります。

近くに大阪ドームがあって、ドーム周辺は随分と新しくなっていってますが、大正は大阪市内のディープスポットの一つでもあって、駅周辺から下町情緒が残る町。

さて、この駅からほど近い三光湯に行って参りました。

 三光湯さんのHPはないようで、浴場の画像がなく寂しいのでいらすとやさんの画像をお借りしています。  

【三光湯】施設の様子

三光湯に到着~!

外観は昭和の銭湯の形を色濃く残しています。

唐破風(からはふ)っぽい屋根と両サイドにある丸い窓。

窓に温泉マーク

窓に三光の光の文字

そして左手にはコインランドリーと自販機が並んでいます。

ゴミ箱の周りでその土地の雰囲気をつかんでいこういと思う。

暖簾をくぐると女湯は右手、男湯左手。

下駄箱に靴を入れて女湯へ。

自転車は中に入れるなよー

入浴料+サウナ代を渡したら目の前にあるタオル置き場からバスタオルを1枚持っていきます。

番台は男性でしたが、パーテーション低い。

女湯の脱衣所が番台から丸見えの昭和スタイル。

脱衣所は入って右手にドレッサーあり、ヘアドライヤーは1台。

脱衣所も天井が昭和モダンな雰囲気だし、なかなか年季が入っています。

さて、空きロッカーがないという難関があります。

キーが空いてるロッカーはそのほとんどに常連さんのお風呂グッズが入っている。

そして、大半が空いてるけどキーがないロッカーで鍵の閉まるロッカーが殆どないw

そんな感じなので、中央に置いてある仕切り付赤ちゃんベッドの上は、今お風呂に入っているであろうお客さんの荷物置きになっています。

ほとんどご常連しか来ないからか、その辺ゆるそうな雰囲気です。

私はかろうじて一番上の段に鍵付きロッカーの空きを見つけることができたので、荷物を入れ準備して浴場へ。

お風呂は深め、浅め、本日のお風呂、露天風呂、水風呂、サウナと最小限。

洗い場は浴場入って直ぐに15か所程度。

桶とお風呂椅子が浴場入って直ぐ横にまとめられているのでHelp your selfスタイル。

洗い場右手の手前から2番目の場所を確保し、赤と青のカラン、ボタン式シャワーの前に椅子を置きます。

通常、ボタン式シャワーは一定量出ると自動で止まりますが、一度押したら出っ放しで助かる。

ボタンを少し引くと止まるというコツが必要。(このシャワー限定かも?)

シャワー圧は良いです。

全身洗濯して早速サウナへ。

【三光湯】サウナ・水風呂・休憩

サウナ室

サウナは遠赤外線ストーブの高温サウナ。

入って左手にストーブがありその上に黒い石が乗っていました。

座面2段定員8名程度。

サウナ用のバスタオルは巻かずに座面に敷いて座っている人がほとんど。

テレビあり。

室温計は102℃。

1段目に座っているのでそこまで熱くありません。

しかしなかなか湿度高めで、座って5分経たず水滴が腕に現れ始めました。

ご常連タイムで満員御礼。

1段目の席をいただきました。

わいわいがやがやと賑やかでサウナ室はご常連の社交場でもあります。

水風呂

サウナ前にあり動線OK。

細長い形の水風呂で深さも1m程ありました。

底はひんやりしていましたが、持参の水温計での測定は19.4℃。

恐らく設定18℃~19℃程かと思われます。

男性の水風呂は16℃程度と主人が言っていましたので、女湯は若干設定が高いのかもしれません。

 

休憩

サウナ用の休憩場所はありません。

露天風呂に出て足だけ浸かるもよし。

 

【三光湯】を利用してみての感想など

サウナ室の温度は高いですが、1段目と2段目は段差がありそこまで熱くありません。

水風呂の冷たさも並み。

かなり老朽化していることと、女湯は番台から丸見えなので女性にはハードルの高めかもしれません。

水風呂の水温を計っていると、「何してんの?」とご常連に声をかけられました。

冷たい水風呂が好きだという話をしていたら、ヘルシー温泉タテバにも通ってるご常連がいたり、他の銭湯の評判、知られざる年配のご常連事情をいろいろ聞けたのでここで一部触れておきたいと思います。

・三光湯の女湯が番台から丸見えなのについてご常連に聞くと、「(番台の男性店主は)こっち見てない見てない。ずっと下向いてるわ。」「そんなもん見たくもないやろ。」と一蹴されました。

・三光湯の話ではないのですが、とある銭湯にとても気の強い年配ヌシ子がいるそうで、他の年配のご常連に、シャワーを壊したなどあらぬ疑いをかけていじめいてたという話。

・湿気で浴場が暑かったので露天風呂への入り口を開けたところ、同じヌシ子に開けるなと注意された話。

・タテバのサウナは熱すぎてあかん。でもあそこの水は好きという話。

・男湯が発展場で有名な某銭湯の女湯はまあまあ別に普通やわという口コミ。

ヌシ子独自のルールに振り回されているのは若輩者だけではないんだなと分かりました。

年配になってからのいざこざは何とも憐れみを誘うなあと思うのは私だけでしょうか。

そして、銭湯通いしている方々はいろんな銭湯に行っていて詳しい。

ご常連の話を聞けて面白かったです。

そして、所謂太いご常連は自分のビールを持参して銭湯のドリンク冷蔵庫で保管してもらえる優遇措置あり。

「電気代払わなあかんわな笑」と言いつつ風呂上りにキリンの一番搾りを飲んでいました。

さすが毎日来てたら待遇も違いますな。

 

利用料金・アクセス

利用料金

入浴料440円+サウナ150円

 

アクセス

JR大阪環状線大正駅の線路沿いを進み右に曲がった所。

ととのうサウナのチェックポイント
サウナ特徴 高温サウナ
サウナ温度 102℃
サウナ湿度 高め
水風呂温度 19.4℃
水風呂特徴 深さ1m
サウナ浴用休憩場所 なし
ロウリュ なし
アメニティ なし
レストルーム有無 なし
利用料金 590円
営業時間 14時~深夜0時

 

-サウナ
-, , ,

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.