【おんなサウナ放浪記】やすらぎの湯ニュー椿・居心地の良いロッキーサウナ

投稿日:2019年11月14日 更新日:

どうもあさとです。

サ旅2日目は午前中からガッツリ雨。

前日3軒の施設にサウナしに行った後、ひとりで人形町の居酒屋に行って飲んでいたら、カウンターに座った方々にお酒をおごっていただいて飲み過ぎました。

その日、宿泊したカプセルホテルHotel Zen Tokyoが思いのほか良かったですが、サウナ浴し過ぎとお酒飲み過ぎのダブルパンチで、午前中の記憶が曖昧です

さて今回は、Twitterで繋がっているちーさんに新庚申塚にあるニュー椿をおすすめいただいたので行ってみることにしました。

これまたTwitterで繋がっているLillyさんと平日19時過ぎに現地集合で行って参りました。

どんな感じだったかまとめておきたいと思います!

【やすらぎの湯ニュー椿】施設の様子

都電荒川線新庚申塚駅の目の前にそびえ立つ5階建ての施設ニュー椿に到着。

周りを見渡すとこの辺りはマンションが立ち並ぶ住宅地ですね。

建物正面のニュー椿の看板がドーンとインパクトがあって一目瞭然これがニュー椿。

ネット上の情報では、営業開始が2000年5月とのことで来年20周年を迎えるようです。

ニュー椿のフロアはこんな感じ、

4階 ラウンジ
3階 洋風露天風呂
2階 フロント&和風露天風呂
1階 駐車場

となっています。

まずは、2階フロントへ。

階段から上がった2階入口

フロント

(以下写真撮影掲載許可いただいてます。)

2階はロビーのようになっていて、待合ベンチ、ドリンク自動販売機あり。

2階和風露天風呂と3階洋風露天風呂は入れ替え制で利用できるようになっています。

奇数日 女湯3階・男湯2階
偶数日 女湯2階・男湯3階

ロッキーサウナが人気だそうですが奇数日なので、1年間でロッキーサウナを利用できる回数は多女性のほうが多くなりますね。

2階和風露天風呂はあの暖簾の向こう

この日は、3階のロッキーサウナとハーブサウナ(塩)のフロアに入れる日。

下駄箱に靴を預けます。

自動券売機でサウナ券購入。

入浴+サウナ(タオル付)をポチ。

小学生もサウナに入れるようです。

あさとは貸バスタオルも別で追加しました。

下駄箱の鍵をフロントに預けて、ビニールバッグに入ったタオルセットとサウナキーをいただきます。

3階へは階段もしくはエレベーターで。

女湯の暖簾の前にはマッサージチェア。

脱衣所へ入ると施設は古めかしい雰囲気ですが、清潔にされています。

ロッカーの数が多過ぎず、ゆったりと脱衣スペースがあるのもありがたいです。

脱衣所内には、ロッカー、ドレッサーには、洗面台、有料ドライヤー設置。

さて、タオルバッグとサウナキーを持って浴場へ。

お風呂はジャグジーバス、ジェットエステバス、座風呂、ボディエステバス、バイブラバス、替り湯(この日はよもぎエキス入り緑色の湯)、水風呂。洋風露天風呂にはうたせ湯。

洗い場は20か所程度あるでしょうか。

桶は入口にまとめて置いてありまして、洗い場ごとにお風呂椅子が鏡前に上げてあるので下して利用します。

浴場の床タイルがクリーム色っぽいので、汚れが目立ちそうにも関わらず清潔な印象。

全身洗濯して、替り湯で少し体を温めてからサウナエリアへ向かいます。

 

【やすらぎの湯ニュー椿】サウナと水風呂と休憩

サウナキーはサウナエリアへの入口に入るために利用します。

サウナエリアから浴場へ出る時、必ずサウナキーを持って出ます。

そうしないと、インロック状態でサウナエリアに入れなくなりますので気を付けましょう。

サウナエリアは、ロッキーサウナ、ハーブサウナ、水風呂、シャワーブース2つ、休憩コーナ。

サウナエリアはサウナ浴のための特別な空間になっています。

サウナ

まずはロッキーサウナから。

石が積まれた大きなガスストーブが鎮座しています。

座面はそれを囲むように2段。

定員20余名いけそうな広さ。

温度計で室温80℃。

湿度が高いので体感温度は熱め。

照明も明る過ぎず落ち着きます。

サウナ室奥でLillyさんと寛いでいると、ロッキーサウナの上に「つー」と水が落ち、サウナストーンがシュワ―ッと音を立てます。

出た~!オートロウリューーーー!!

室温80℃ですが、この「つー」によって熱波が肌に触れ、脳みそが熱波のザワ~という感触を噛み締めると、大人の楽しさを味わっているような感覚になる。

しかもこのオートロウリュ、5分も経たないうちにまた「つー」と水が落ちて来るので、ずっとロウリュの中に居られる。

気持ちえー

石畳のような床は、既に水浸し。

ニュー椿をおすすめしてくださったちーさんが「床ロウリュ」と言っていたのはこれか。

床に撒かれた水もサウナ室内の温度を上げてくれているはず。

テレビなし。

BGMはヒーリングミュージックが流れていると聞いたような気がするけど、たまたまなのか全然違う雰囲気の選曲でした。

とても居心地が良くて快適なロッキーサウナです。

さて、ハーブサウナも入ってみます。

ハーブサウナは遠赤外線ストーブの塩サウナ。

ハーブの香りがしているのかなと思いましたがよく分かりませんでした。

室内には塩が設置されていて、ガーデンチェアが並んでいます。

室温90℃だけど、ロッキーサウナと水風呂に入った後だったからか湿度が低く熱さを感じにくかったです。

こちらはテレビあり。

出口付近に塩を流すためにプッシュ式の水道あり。

入口と出口が別になっていて、入口からは出られないようになっていました。

水風呂

さて、ハーブサウナの正面にシャワーブースがあるので水風呂前の掛水として利用。

このシャワーブースには、リンスインシャンプー&ボディーソープが設置されています。

これは、サウナエリアのみのサービスみたいですね。

水風呂は8角形のような形をしていて内にも外にも段差あり。

定員6名程は入れる深さ70㎝ほどのゆったり浴槽。

水温20℃程度ですが、強すぎないバイブラのおかげでひんやりできます。

 

休憩

サウナエリアには休憩コーナーがあり、ガーデンチェア6脚と冷水器が置かれています。

ここで休憩するのもありですが、洋風露天にも2脚ガーデンチェアがあるので外気浴も可能。

 

【やすらぎの湯ニュー椿】を利用してみての感想

ロッキーサウナは噂通り、オートロウリュ&床ロウリュのダブルコンボで湿度アゲアゲの80℃。

サウナ利用者も私たち2名だけだったこともあってか、しっかり温まることができました。

オートロウリュ、あれだけ水差し頻度が高いと、常に熱波に包まれることができるのはロウリュ好きのあさとにとってはありがたい!

Lillyさんとサウナの中でサウナの話をしながら楽しむことができました。

水風呂も数値だけ見ると水温高いかなと思ってしまいますが、バイブラバスで体をしっかり冷やしてくれて良き。

行った時間帯が平日の19時過ぎで丁度晩ごはん時だったからか、サウナエリア自体がLillyさんと二人でほぼ貸し切り状態。

浴場もお客さんはまばら。

この日のニュー椿には静かで穏やかな空気が流れていました。

ハーブサウナに入っていると、見回りの女性スタッフさんが「テレビのチャンネル変えたかったら声かけてね。」と言いに来てくださってとても親切でした。(暇そうだった)

サウナエリアが浴場と別になっていて、サウナ浴する人のためのVIPルーム感があるのも良いな。

休憩は外気浴がベターでした。

都度、洋風露天スペースに出てガーデンチェアに腰掛けて、少し冷たくなってきた外気にあたりながらひと休みました。

露天のうたせ湯では、おばさんがこうべを垂れて座り込み、湯に打たれている姿がまるで壊れた人形のようで、一見大丈夫かと心配になりましたが無事だったようです。

コスパに関しては、町の銭湯と比べてしまうとサウナ代730円はなかなか大きいように思うけれど、今回はサウナエリア貸し切り利用代金と考えば安いと思える。

サウナと水風呂が混んでいたり、騒がしかったらまた違っていたとは思いますが。

帰りに同じ女性スタッフの方に会ったので「サウナめっちゃよかったです。」とお伝えしたら「やったー\(^_^)/」と仰ってました。

都内でもこのあたりは初めて行きましたが、大塚のおにぎりぼんごで美味しいおにぎりとお味噌にもありつけたので満足!

もしまた行く機会あれば、次回は遠赤外線ストーブサウナと和風露天風呂体験したいと思います。

【やすらぎの湯ニュー椿】利用料金・アクセス

利用料金

入浴+サウナ1200円(フェイスタオル、バスタオル付)

貸バスタオルは別途110円でした。

手ぶらセット1300円(フェイスタオル、バスタオル、シャンプー&コンディショナー、ボディーソープ付)もあります。

アクセス

ニュー椿側から新庚申塚駅を見ています。

都電荒川線新庚申塚駅下車すると目の前にニュー椿が見えています。

本当に迷うことなく到着できるのでご安心を。

ととのうサウナのチェックポイント
サウナ特徴 ロッキーサウナ
サウナ温度 80℃
サウナ湿度 高い
水風呂温度 20℃
水風呂特徴 深さ70㎝、バイブラ
サウナ浴用休憩場所 サウナエリア6脚、露天スペース2脚
ロウリュ オートロウリュ
アメニティ サウナエリアにリンスインシャンプー&B
レストルーム有無 なし
利用料金 1200円(フェイスタオル、バスタオル付)
営業時間 15:00~24:00 定休日:土曜日

 

-サウナ, 関東, エリア
-, , ,

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.