おんなサウナ放浪記【大阪・南森町】紅梅温泉・天神橋筋商店街からふらっと立ち寄れるサウナ

どうも、あさとでございます。

最近慌ただしさにかまけておりまして、

久々の投稿になりました。

たとえ一人も見ていなかったとしても、

ぼちぼち更新していきたいと思っております!

さて、今回は大阪市北区扇町にある紅梅温泉へ行って参りました。

スポンサーリンク

紅梅温泉へのアクセス

地下鉄堺筋線扇町駅もしくは、JR東西線大阪天満宮駅から、

北上して徒歩6分程度の場所にあります。

一番近いのは南森町駅5番出口から出て天神橋筋商店街を北上。

一つ目の交差点を左手に入ると紅梅温泉が見えております。

施設の様子

水ブロって書かれるとラップを嗜んでいないのに水Bro.と自動変換されてしまいます。
外観  
正面。大きめの牛乳石鹸暖簾

昭和37年に初代が開業された銭湯。

昔はこの辺りは紅梅町(現在は天神橋筋三丁目)という町名だったそうで、

それにちなんで紅梅温泉という名前だそうです。

正面にあるテレビの液晶かと思しきは箱庭です。

暖簾をくぐると、下駄箱の奥にガラス張りで石造りの灯ろうのある箱庭は見えております。

ガラス戸で男湯女湯とあり、

左側が女湯。

さて、入りましょう。

入ると番台があり、女性が座っておられます。

今日はあさとの旦那さんのライブが近くでありまして、

合間にたままたふらっと紅梅温泉に立ち寄りました。

バスタオルをいただけるか聞いたところ、

タオルの貸し出しはハンドタオルのみとのこと。

サウナは別途サウナ用ハンドタオルを1枚いただけます。

貸しハンドタオル(金額失念)1枚と、

サウナ用のハンドタオルを1枚いただき脱衣所へ入ります。

脱衣所へ入ってお風呂へ入る準備をしていたら、

後から番台の奥さんが、

バスタオルを貸してあげると持ってきてくださって恐縮。

優しさに心を打ち抜かれました。

 

さて、脱衣所は思ったより広く感じます。

長い間営んできた中でちょっとづつ増えたものたちが、

そのまま溶け込んで生活感を出していて落ち着く雰囲気です。

天神橋筋近くなので客層は幅広く、

若者、お年寄り、子連れとさまざま。

 

さあ浴場へ。

これまた昭和37年にタイムスリップ!な浴場です。

出典:紅梅温泉 HPには薬湯とあったのですが、そんなんあったかな…と思い出せず。

お風呂は、5種類。

浅いお風呂、深いお風呂、

バイブラ温泉、電気風呂、水風呂。

浴場奥には入口にあったガラス張りの箱庭と同じのがあります。

カランはレバー式と赤と青の蛇口で低め。

さて、全身洗濯。

浴場奥にサウナへ向かいます。

サウナ・水風呂・休憩

サウナはこじんまりしたL型。

席は一段5人も入れば満員の小さなサウナ室です。

ストーブは電気ストーブ。

入った瞬間ムンッとした熱気に包まれます。

温度は102℃~104℃を推移。

湿度普通くらいですが、熱さがあるので心地よい加減です。

テレビあり。

先客なし。

この狭さにこのストーブの大きさなので、

室温102℃まで上がっているのだなと思いながら、

深呼吸して寛ぎます。

サウナの塩梅はとってもいいです!

テレビでワイワイしたバラエティー番組をやっていました。

ワイワイしたバラエティー番組は、

サウナ室だとちょっとうるさく感じてしまいます。

気分にもよりますけど、若さを失い始めているからか、

ドラマやワイワイしたバラエティー番組はもうついていけません。

ニュースかドキュメンタリー番組だったらいいなあという、

心の声がついつい出てしまいます。(年配感...)

さて、8分程度でアツアツのいい具合に温まったので、

水風呂へ。

水風呂はサウナ室出てすぐ左手にあります。

2人入ればいっぱいの水風呂。

深さは90cm位でしょうか。

水温20.1度。

ライオンさんの口から吐き出される勢いで水流が起こってます。

なので1回目はひんやりできます。

2回目からは例のごとくお好みの長さで入ってしっかり冷やしましょう。

水風呂後の休憩スペースはないので、

脱衣所に出て水分補給をし、

また戻るというのを繰り返し計3セット。

スッキリ気持ちよくなりました。

サウナ室はとっても好きだったので、また扇町近辺に用があれば、

利用するのもいいなと思いました。

水風呂はやはり冷たさを求めている者からすると、

シロクマが遊ぶ用くらいある氷の塊でも入れたい衝動にかられます。

天神橋筋からすぐなので、お出かけ帰りに使える銭湯ですね。

番台の奥さんもいい方で心地よく過ごさせていただけました。

利用料金

利用料金540円(入泉料440円+サウナ100円)

フェイスタオル10円位だったかもしれません。

払った記憶があいまいなので。

有料の飲み物は番台のそばに設置されていました。

その日のその後

旦那さんのライブが終わり、遅い時間に家路へ。

今日はライブ後なのでタテバに行きたいとのことで、

ヘルシー温泉タテバへ向かいました。

今日女性は塩サウナ。

めずらしく先客あり。

塩サウナの温度は90℃程度でしたが、

タイル張りのサウナ室内に蛇口がありまして、

水を流しっぱなしにされてたので湿度は高めでいい塩梅。

水風呂14.5℃

やはりタテバの水風呂は深さ110cmくらいはあるので、

底の方の温度が明らかに違いを感じます。

温度計が深さ12cmまでしか測れないので、

うわずみは14.5℃という感じですね。

底の方はもうちょっと冷たいなあと改めて感じました。

そういえば、お風呂の温度をいつも測ってないので、

今日は温度計で測ってみることに。

普通のお風呂41.5℃

炭酸温泉43.9℃

でした。

炭酸温泉の設定温度44℃位ってことなのかな。

さすがあの気持ちよさは温度高めですね。

てっきり42℃位だと思ってたんですが、

いやはや体感温度は信用できないなあ。

ってことは、

タテバの遠赤サウナ側にある地獄風呂(激熱風呂)は何度なのか...

今度測って来ますw

 

スポンサーリンク