おんなサウナ放浪記《閉業》【広島・忠海】岩乃屋・日本最後の石風呂・2回目

2016年2月23日

 

前回は絶好の行楽日和。

 

春のような暖かさの瀬戸内海で初石風呂を満喫できました。

 

寒い日の岩乃屋もそれはさぞ最高だろうと

 

行ってまいりました冬の岩乃屋。

 

今回は新幹線で三原まで、乗換えて忠海へのルートで行くことに。

 

さあ新幹線のって出発よー!

 

 

喜八洲のみたらし団子やらお菓子を買い込んで新幹線に乗り込みます。

 

三原駅到着~~

 

3時間くらいだったかしら。

 

電車の時間まで余裕があったので、

 

三原駅の近くのお弁当屋さんで三原名産のたこの天ぷらを買い込む。

 

たこの天ぷら美味すぎる!(美味し過ぎて写真撮ることをうっかり忘れる)

広行きの電車に乗り換えて忠海へ。

 

 

忠海の駅到着~~!

 

 

 

電車は瀬戸内海沿いを走るので海の眺めで旅の気分も盛り上がる

 

 

昼過ぎ、ちょっと遅めに着いていそいそと着替えて

 

まずはぬるいほう

 

 

すでにお客さんが結構います。

 

ぬるいほうは木でできたうちわで、

 

上のほうに溜まっている熱波を

 

ぱたぱたと扇いで下ろしてくるんだけど、

 

 

その降りてきた熱波の気持ちいいこと…

 

 

うおぉおーーーーーーっ

 

 

さ、三途の川見えそう…極楽。

 

 

冬の瀬戸内海は比較的暖かかったけど、

 

 

気温はおそらく10℃くらいかな。

 

 

この外気浴だけで十分ととのう~~

 

 

海に浸かってみようとチャレンジするも、

 

 

ぎゃあぁああ……!!

 

 

ってなるくらい冷たくてちゃんと入れず。

 

自分のペースでゆっくりと石風呂を堪能。

 

いいサウナの証”あまみ”もしっかり出た。

 

 

 

休憩室でねころんだりしながら

 

 


飲食物はあらかじめ持ち込みます。

 


地元のご常連のおば様たち。

 

持ってきたものをご常連のおば様と交換しました。

 

地元のおばちゃんとも和気あいあいし、

 

5時間くらいゆっくり滞在。

 

新幹線の時間もあるしってことで

 

ちょっと早めに岩乃屋を後にしました。

 

石風呂ってなんてすばらしいんだ。

 

=============
【ととのうサウナのチェックポイント】
サウナ特徴:天然石風呂
サウナ温度:60-80℃
サウナ湿度:かなり高め
水風呂温度:12℃
水風呂特徴:海
サウナ浴用休憩場所:あり
ロウリュ開催:常にロウリュ状態
無料アメニティ:なし
レストルーム有無:あり
料金:1200円

*温度は入った日の温度を
温度計があれば目視、
もしくは体感で記載しています。
=============

 

スポンサーリンク