【おんなサウナ放浪記143】飛雪の滝キャンプ場・11/28-29サ滝フェス

どうも、あさとです。

2020年11月28日・29日に飛雪の滝キャンプ場で行われた「サ滝フェス」に

光栄にもサウナグッス物販+出演者として呼んでいただきました。

かなり楽しいイベントだったので様子について今更ですが振り返っておきます。

【飛雪の滝キャンプ場】施設の様子

飛雪の滝キャンプ場!

大阪から電車と車を乗り継いで5時間かけてはるばるやって来たよ。

キャンプ場の受付棟があるので、そこで受付を行いましょう。

受付棟には、トイレ、コインロッカー、シャワールームなどが完備されています。

別でコテージもあり来場者に貸出されていました。

イベント関係者は受付棟の2階座敷で宿泊でした。

受付棟では、フレグランスウォーターを蒸留するワークショップがあったり。

スタッフ、参加者交えての食事会。

 

1日目の夕方から、五塔熱子さん司会で安住麻里さん、Ricoさん、あさとの3人のトークショー。

安住さんはこうやって友達をサウナ沼にはめて来た談。

Ricoさんは世界のサウナ旅で経験したおすすめサウナについて。

私は関西のおすすめ銭湯サウナ、ヘルシー温泉タテバについて熱く語りました。

(写真はありません!)

2日目は、上のトークショーの3人が出題するクイズ大会。

箸休めサトシさんが司会で、

一人づつクイズを出題していき、最後まで残った人は箸休めサトシさんからプライベートアウフグース、安住さんから似顔絵、あさとからSaunagirlのトートバッグをプレゼント。

1問目からあさとの出題問題が関西ローカル過ぎて一気に人数が減るというアクシデントがありましたが、2問目は何とかなりました。

パノラマカメラで2日目のクイズ大会の模様をパチリ。

最後は参加者。スタッフで記念撮影。

【飛雪の滝キャンプ場】サウナ・水風呂・休憩

ととのうサウナのチェックポイント
サウナ特徴 テントサウナ、薪ストーブ
サウナ温度 70℃〜
サウナ湿度 高い
水風呂温度 15℃
水風呂特徴 深さ100㎝、滝あり
サウナ浴用休憩場所 インフィニティチェア、ベンチなど
ロウリュ セルフロウリュ、アウフグースサービス
無料アメニティ なし
レストルーム有無 なし
利用料金
営業時間
公式サイト https://hisetsu.jp/main/tent-sauna/

サウナ

テントサウナはsavotta(サヴォッタ)のスモールと特大版がドーン!

この日はアウフグースチームで箸休めサトシさん、五塔熱子さんが、

ヨガプログラムでTakako先生がテントサウナの中でヨガをするということで予定が貼られていました。

テントサウナは薪ストーブ。

温度は70℃〜

薪ストーブの優しい熱だけでも心地よいですが、

セルフロウリュすれば体感もかなり熱くなり気持ちいい。

更にアウフグースのサービスもあって至れり尽くせりの贅沢フェスな内容。

そしてTOTTO NOWのフィンランド製のトレーラーサウナ。

薪ストーブが搭載されていて、オーナーのコウヘイさんがブレンドしたアロマでセルフロウリュできるスタイル。

コウヘイさんはパーカッショニストで、パンデイロ(ブラジルのタンバリン)をサウナに入りながら叩いてくれたりするのですが、上手すぎてかっこよ過ぎでした。

他にも、テントサウナはモビバ、モルジュ合わせて5台でした。

水風呂

水風呂は滝!!!!

テントサウナから滝まで降りていき、滝へドボン!

滝の真下まで行けるのですが、正面から進むよりも向かって左手から迂回して滝の側まで行くほうが近道です。

滝の側あたりは流石に勢いよく落ちてくる滝水の勢いでしぶきと風が舞上がっているような状態でなかなかスリリングでした。

滝には時折虹がかかってきれいだったりします。

夜もテントサウナに入れたので、物販終了後にテントサウナと滝行を行いました。

休憩

休憩は勿論滝を眺めながらのインフィニティチェア。

インフィニティチェアは飛雪の滝キャンプ場に元々あるものなのかは未確認。

焚き火を囲みながらの休憩も最高です。

アウトドアサウナで生命線的ホットタブ。

体が冷えた時に滝を見ながらホットタブで温まれるの最高です。

ホットタブはサ滝フェス限定で持ち込まれたもので、普段はありません。

【飛雪の滝キャンプ場】イベントに参加して

Saunagirlの物販参加とトークショーやクイズ大会と思ったより忙しくて、

夜にやっとテントサウナ入れたという状況でしたがかなり満喫できました。

飲食ブースはこじんまりしていましたが、アマゴの塩焼きをいただきました。

昔ケータリングもやってたので、次回は飲食ブースでも参加できたらいいなと思いました。

SaunagirlのキャップをかぶってくれているTwitter仲間のお二人!

ありがとうございます!

そして、一日目はスタッフと出演者で広間に布団を敷いて皆で寝ました。

恋バナ聞いてやいのやいのと喋って、こんな楽しいの学生時代ぶりでかなりテンション上がりました。

雑魚寝だけでもまたしたいと思う位w

またサ滝フェス参加させてもらえるように祈っておこう。

盛りだくさんで贅沢な楽しいイベントなので、

次回開催の際は是非参加してみてはいかがでしょうか!

【飛雪の滝キャンプ場】利用料金・アクセス

利用料金

サ滝フェ参加費 日帰り4000円、宿泊7000円でした。

通常料金は以下、

(1人あたり料金)
2時間 1100円
1日最大 2200円

※コロナ感染対策で予約方法などの変更があると思いますので、詳しくは公式HPを御覧ください。

アクセス

大阪からは、JR天王寺駅〜新宮駅まで特急くろしお号で4時間。

新宮駅からタクシーで30分程度でした。

大阪から車で来ていた人達はから所要時間を聞くと5時間程度だった様子。

しかし、くろしお号のなにがすごかったって、

今まで乗った電車の中で一番揺れました。

トイレに行こうとしたけど立ってられないレベルw

電車ってあんなに揺れるんだ、と驚く位始めての体験でした。

行きの電車には展望席がありました。

駅前は南国感ある植物が。

新宮駅から向かうタクシーからの眺め

新宮駅からの道のりは、土砂崩れでの通行止めが結構多いらしいので注意が必要です。

この日も、土砂崩れによる通行止めがあり、迂回で1時間程度多めにかかったとのこと。

帰宅の際もあちこちの山肌が土砂崩れを起こした跡が見られ、山と川に囲まれた場所なのでなかなか過酷な場所ではあります。

悪天候の日は注意されたほうが良さそうです。

-サウナ, 東海・中部, おんなサウナ放浪記, エリア
-, , ,

Copyright© あさとのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.