減量だけじゃない!知っておきたい糖質制限のメリットデメリット

投稿日:2019年3月25日 更新日:

糖質制限って本当に効果あるの?

糖質制限って危険ってうわさもあるけど本当に実践しても大丈夫なの?

そんな心配をしている方に実際に糖質制限を実践しているあさとが感じたメリットデメリットをまとめてみたいと思います。

 

【実体験】糖質制限で実感した4つのメリット

糖質制限をしてみたらダイエット効果だけでなく、多くのメリットがあることがわかりました。

そのうち実際に筆者が実感した糖質制限の4つのメリットからまず紹介したいと思います。

 

1.血液検査がオールA判定になった!

2016年と2017年は同じクリニック、2018年は別のクリニックにて健康診断を受けました。

糖質制限を初めた2018年度の健康診断の血液検査の結果がA判定になりました!

少し見にくいので表にしておきます。

健康診断での糖尿病判定3年間の結果比較【40代(女性)】

  基準値 2016年 2017年 2018年
尿糖定性 (ー) (ー) (ー) (ー)
空腹時血糖値 ≦99㎎/dl 100 103 95
HbA1c ≦5.5 5.3 5.4 5.5
判定 C C A

空腹時の血糖値が基準値値内に収まったのが理由のようです。

空腹時の血糖値の基準値は通常60~109㎎/dlですが、≦99㎎/dlがA判定の範囲のようですね。

2018年5月から糖質制限を開始して11月に健康診断に行きましたので、糖質制限をはじめて半年経過したころの診断結果になります。

これはかなり嬉しかったです。

糖質制限をしたことでどれだけ健康になったのかが数値で判断できると更に安心感がありますよね。

糖質制限が糖尿病予防に有効であることが実証されました。

 

2.食後の眠気に襲われない

以前は毎日昼食後1時間もするともれなく激烈な眠気に襲われていました。

まぶたが勝手に落ちてきて耐えられないくらいの眠気で、仕事中の居眠りしてしまうことも。

しかし糖質制限食にしてからというもの驚くほど眠くならない!

顕著に眠気がなくなったのでこれはすごいと思いました。

お陰で昼食後は有意義に仕事を進めることができるようになりました。

 

3.白髪が減った

糖質制限をし始めてから白髪が減りました。

これも驚きの恩恵でした。

30代後半あたりから徐々に白髪は増えていましたが、

40代に入り、こめかみあたりに白髪が一気に増え始めました。

抜くと余計に生えてくるとどこかで聞いたので最初はなるべく見つけたら抜くようにしていました。

そのため逆に放置してみたものの生えっぱなしは余計に目立ちこれは迷信だと気づきました。

糖質制限をし始めて3か月程度たったころから白髪の増える量が極端に減ったことに気づきました。

たまに白髪1本見つけますが本当にごくたまにしか生えてこなくなったんです。

髪の毛はタンパク質でできています。

糖質を摂取する代わりにたんぱく質をしっかり摂るようになったことで栄養が毛髪に行きわたるようになったのではないかと思います。

これも女性にとっては嬉しいメリットです♪

 

4.肌が乾燥しにくくなった

糖質制限をする前までは乾燥肌でした。

乾燥が気になっていた時は、

・鼻の下あたりの皮膚が乾燥してペラペラとむける。
・ひざ下の皮膚が乾燥してかくと白く粉をふく。
・足の裏が硬くなってひび割れしかけて痛い。

こんな状態が起きていましたが、糖質制限をし始めてから全て起きなくなりました。

しかも皮膚を触ってみるとお肌がいつもしっとりしているような気もします。

これも、たんぱく質や脂質をしっかり摂っているからでしょうね。

ーーーーーーーー

以上、この4つのメリットは筆者が実際に糖質制限を続けて来て感じたこです。

糖質制限の本を読んでいると共通のメリットを感じている人がいて、やはり糖質制限は体に良いことが多いのではと感じています。

しかし、そんな良いことばっかりなの?

と疑問に思う人も中にはいると思いますのでデメリットについても触れておきたいと思ます。

 

糖質制限のデメリット

正直メリットばっかり言われても信じがたい。

メリットばかり並べていると糖質制限推進者の回し者では?と疑われるかもしれないですね。

(どこの誰の回し者でもありませんが)

メリットがあるならデメリットもあるはず。

糖質制限のデメリットにも触れておきたいと思います。

1)美味しそうな糖質食を控えないといけない

大好きなケーキ、和菓子、アイスクリーム、パン、麺類、ごはん

これまで当たり前のように食べてきた美味しいものを控えなくてはいけません。

これは大きなデメリットですよね。

テレビやYouTube、Instagramを見ているとおいしそうな糖質たっぷりの料理画像が目に入って来ます。

はじめは飯テロに耐えられるのだろうかと心配になる人もいるかもしれません。

しかし糖質制限をし始めると自然と炭水化物を食べたいという欲求が徐々に減ってきます。

そして食べられる量も減りますので焦らず続けていれば糖質を控えることは可能です。

 

2)外食する時注文に困る

ひとりならお店を自由に選べますが、誰かと外で食事をするとなるとあれもこれも糖質が入っていてメニュー選びに困ることがあります。

ラーメン屋、蕎麦屋、ファストフードなどは糖質制限をしていると食べられるメニューがなく困ることがあります。

上司にお寿司連れて行ってもらうなんてことがあったらまず断れない。

マジでヤバイです。

糖質制限しているんでと断れる仲ならいいのですが。

こんな場合を考えて、糖質制限をしていることを普段から小出しに話題にしておくのが得策ではないかと思います。

 

3)人によっては医師への相談が必要

血圧、血糖値に関わる病気や心臓病など、これまで何かしらの病気にかかったことがある人は、医師に相談してから糖質制限を行わないといけない場合があります。

またこれまでたくさん糖質を摂取していた人が糖質を極端に抜き過ぎると低血糖になる危険性もあります。

また元々低血糖症などの診断を受けている場合は糖質制限は不向きです。

糖質制限は万人が行えるわけではありません。

自身の体質に合っているかどうか分からない場合は必ず医師に相談してから行うようにします。

 

まだまだあった!様々なメリットを感じている声

最初に挙げた筆者の4つのメリット以外にも、たくさんの人が糖質制限で減量以外の恩恵を受けています。

それらをピックアップしてみました。

  • 肌がデコボコになるくらいの吹き出物が糖質制限以降肌がツルツルになった。(20代女性)
  • 主人が糖質制限を初めて頭皮湿疹、背中のニキビがおさまった。(女性)
  • 抜け毛がひどくて髪もパサパサだったのが糖質制限しはじめてから髪に艶とコシが出てきた。(主婦)
  • 花粉症が軽くなりました。
  • 更年期障害特有の頭のモヤモヤ、ほてり、イライラから解放さた。(50代女性)
  • 抑うつ状態だったのが薬が不要になった。(看護師)
  • 寝起きが悪い息子が朝から元気になりよく活動するようになった。(主婦)

引用:炭水化物が人類を滅ぼす 夏井睦 より

皮膚病、アレルギー、脱毛、更年期障害、うつ病、起立性障害などあらゆる症状の改善に糖質制限が役に立っているようで驚くばかりです。

糖質が万病の素と言われる意味が分かりますね。

 

糖質制限は大病も予防できる?

また、糖質制限の第一人者である江部康二医師によると、糖質の摂取を控えることによって以下の大病の予防にもなるとも言われています。

糖質制限で予防できる大病

  • 糖尿病
  • がん細胞
  • 心臓病、脳卒中
  • 脳出血
  • 認知症
  • アルツハイマー病

人類最強の「糖質制限」論 江部康二

ーーーーーーーー

いかがだったでしょうか。

糖質制限のメリット&デメリットをまとめてみました。

しかしデメリットは少なくメリットが圧倒的に多い印象でしたね。

糖質制限は健康な人ならばすぐに始められる健康法です。

ダイエットとして始めてみたら思わぬ別の症状が改善したという嬉しいことが起きるかもしれません♪

 

 

-ダイエット, 心と体
-

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.