女性もサウナ!サウナ室での過ごし方講座

スポンサーリンク

熱いサウナ内での有効な時間の過ごし方

■ストレッチ・ヨガ

サウナ室に人が少なく周りに迷惑がかからなさそうな場合は

 

軽くストレッチやヨガをするのも効果的。

 

体が温まっているので柔軟体操には向いているのではと思います。

 

間違っても、サーランバ・シルシャーサナ(写真)などを本気でやらないように。

 

出典:ヨガジャーナル日本版

 

 

■座禅・音禅

テレビのあるサウナでは難しいと思いますが、

 

静かなサウナに入れた時は音禅をすることをお勧めします。

 

【音禅の方法】

◇座るか寝ころびます。

◇体の力を抜いてリラックスします。

◇軽く目を閉じるか半眼にします。

◇サウナ室内の木のきしむ音、自分の呼吸、

サウナ室に流れるリラクゼーションミュージックなど

なんでもいいので静かに耳を澄まして音に意識を合わせます。

◇呼吸は腹式呼吸にしましょう。

◇70度ほどの低温サウナなら10分-20分できます。

 

音禅は脳のリセット効果があり、頭がすっきりします。

サウナ浴+音禅

 

これはほんとの意味で大涅槃(グレイトニルヴァーナ)に近づく第一歩!

 

ぜひお試しあれ!

 

 

■ロウリュの練習

 

サウナ室に誰もいないタイミングを見計らって、

 

濡れタオルを自分の近くでブンブン回して熱波を起こしてみる。

 

本来は乾いたタオルですることが一般的だと思います。

 

あさと流セルフロウリュです。

 

 

■テレビ鑑賞

テレビがあった場合、自動的にテレビを見ることになります。

 

テレビがあったら5分間があっという間なので暇つぶしにはなりますね。

 

個人的にはテレビはないほうが落ち着きますが、

 

テレビがない場合のほうが少ないです。

 

それってNG?なサウナ内での過ごし方

■ひたすらおしゃべり


ジム併設のサウナとなるとジム仲間のおば様が運動後にこぞってサウナ室に入って来ます。

 

サウナ室の静寂がおば様たちのおしゃべりで一気に井戸端会議場に。

 

控えめにおしゃべりされてる方々もいらっしゃいますが、

 

サウナ室内全体に届く声で周りをどんどん巻き込んでいくタイプの方もいらっしゃいます。

 

なによりこちらが気にしないことが自信の癒しのためにも一番ですが、

 

人の悪口で盛り上がっているのが耳に自動的に入って来くると、

 

さすがに癒し気分が萎えるため、

 

そんな場合はサウナ室から出て気分を変えましょう。

 

 

■雑誌や新聞を持ち込む


東京のサウナに行った時にサウナの中で雑誌を読んでいる人を初めて見ました。

 

関西の銭湯やサウナ施設には

 

「新聞雑誌持ち込み禁止」

 

と書かれているところが多いように思います。

 

なので、東京は結構自由だなと思いました。

 

雑誌しわしわになるのが気にならないならいいですが。

 

■スマホの持ち込み

 

関西のとある低温ドライサウナで、

 

スマホを持ち込んで見ている人がいました。

 

通常浴室内へのスマホ持ち込みはダメだと思うのですが、

 

サウナ室でカメラ撮影していたわけではなく、

 

スマホ閲覧のために持ち込んでいたようでした。

 

個人的には持ち込み禁止のルールどうこうよりも、

 

スマホが壊れないかのほうが心配でした。

 

耐熱カバー(そんなもんあるのか)などに入れている様子もなかったので、

 

低温ドラサウナとはいえ70度以上で湿気もないわけではありません。

 

サウナ室内でのスマホ使用は温度や湿気でスマホの命を削ってしまいます。

 

当たり前ですが施設のルールのこともありますし、

 

端末の物理的損傷も考えて持ち込みされないことをおすすめします。

 

気になったので補足:
iPhoneは使用時0度~35度の環境での利用を推奨しています。
詳しくはこちら

Android端末は機種によって耐水耐熱もあるようですが、
概ね使用時0度~35度とiPhoneとかわりません。
また急激な温度の変化には対応していないようです。

端末一例の仕様
Dignov
Xperia
NEC
galaxy

*galaxyの公式仕様ページでは耐熱についての記載が見つけられずリンクがKDDIのページになっています。あしからず。

 

スポンサーリンク