2015年タイ旅行記⑩カオマンガイとワットポーとT&Kシーフード

投稿日:

*これはTumblrのアカウントをクローズしたので思い出のために残しておこうとブログに移植した2015年タイ旅行記です。

2015/12/4

(今回はかなり長文)

おはよう。バンコク2泊目

朝起きてパートナーは周辺のジョギングへ。

帰ってきて朝ごはんを食べるためにお出かけ。

朝食にバンコクで一番美味しいんじゃないかと言われているカオマンガイのお店へ。

最寄りの駅に降り立ったものの、地図の方向が全くつかめず困っていると、出勤前の優しいお姉さんが「どこへ行きたいの?」と英語で声をかけてくれた。

場所がわからなかったらしく道行く男性に声をかけてくれてさらに聞いてくれる。

男性はお店を知っていたようで行き方を教えてくれた。

タイ人は基本的にこのように優しい人が多い。

日本人は観光客が困っていても英語ができないので基本的にこちらから声をかけることは少ないように思う。

タイ人のこういう親切さは見習いたいところ。

駅からは何気に遠かったが10分程で目的地へ到着。

念願のガイトゥーンプラトゥーナム。

最近同じ名義で渋谷となんばに店を出している。(なんばウォーク店は閉店)

渋谷がオープンしたての時に行ってみたが、オリジナルを食べてなくても明らかに別ものだと思った記憶がある。

パートナーはお腹が減っているのでその場で食べて、私は持ち帰りを用意してもらうことに。

見た目からして美味しそう。

出来立てをすこしおすそ分けしてもらったが、鶏肉がとてもしっとりとして柔らかい(カオマンガイはこの点が重要)。

お米はふっくらしていてしっかり炊かれていて日本人好み。

たれも味が濃すぎずいい塩梅で美味しい。

これは美味しすぎる!

毎日食べたいカオマンガイ!

さてお店を出て、散歩がてら周辺を歩きながら駅へ向かう。

歩道のレンガをガシガシはがしている。通行止めなんかなしでしちゃうのがタイの工事。

ビッグCに入ってフードコートの偵察。

まだ午前中だったので人もまばらだが営業はしている様子。

南部料理のブースがあったので、主人がスタッフに声をかけるも何言ってんだか分らなかったけど、ごちゃごちゃ言って手で払われてオーダーを聞こうとしない。

大変ぞんざいな扱いをされる。

トムヤムスコータイのブースがあったので、食べてみたかった私は注文することに。

朝だから?もともと?とても機嫌の悪そうな目も合わせないおばちゃんにオーダー。

主人がおばちゃんからどんぶりを受け取り、隣のブースのハーブ類に手を出したところ「ノーノー!」と目も合わせずおばちゃんにまるで蠅のようにシッシと手で払われる。

隣のブースはカノムヂーン屋さんだったので取り放題のハーブが置かれているのだがそれは違うから取るなという意味。

そんなことわかってるわい!

で、トムヤムスコータイ見た目からしてもうわかってはいたが全然美味しくない。

気の抜けたもん作りよってこんにゃろう!と腹を立てる。

いやはやフードコートは今まで行ったことのあるフードコートの中で味も雰囲気もワースト。

麺は美味しくなかったので、先ほどのカオマンガイのテイクアウトを開けて食べる。

うん、最高に美味しい。

日本料理屋テイストなレストランがちらほら。

しかし、寿司は進化している。

寿司なのかおにぎりなのか分からん解釈された代物も。

ホテルへ戻る。

バンコクでも基本的に食べること中心の予定だけど観光もちょっとはしておこうということで、今日はワットポーへ行く予定。

ワットポーのリラックスブッダ?を見に行くのだ。

ホテルのレセプションでタクシーをお願いした。

ワットポーへ行きたいと伝えたら、メータータクシーで20B余分に払ってねとのことでなかなか良心的。

しばらくしたらタクシーが来たので乗り込む。

こちらのホテルにはちゃんとセキュリティがいる。

セキュリティがタクシードライバーにどこへいくのかをチェックしているのを私は見ていたし聞いていた。

その時、タクシードライバーは「ワットプラケオや」(ワットポーの隣のお寺)と申告していたのをちゃんと聞いていた。

隣だけど寺院は大きいのはわかっていたのでワットポーに行くことを訂正しなくてはいけないと思った。

すると、ドライバーが運転を始めてから

「で、今日はどこへいくねん(タイ訛りの英語)」で聞いて来た。

やっぱりちゃんと理解していないのか?と思い、

「ワットポーやで!」と伝える。

「ワットポー?」なんだそれくらいのとぼけ具合。

なんかおかしいなと思い始めた。

タクシーを寄せて私たちが持っていた地図を見せてここだと説明。

すると、

「今日は週末、明日は王様の誕生日で王宮方面にはタクシーは入れない。」

というようなことを出鱈目な英語で言い始める。

せめてファランポーンの駅まで行ってもらいと私はどちらも片言だがタイ語と英語を使って交渉する。

こっちがちょっとタイ語が分かると知ったら、更なる出鱈目英語でワットポーには行かねえと言い始める。

とにかく行くつもりがないことだけはわかった。

よし、もうええわ!となって途中下車。

ホテルで呼んだタクシーなのにろくでもないタクシーだった。

上には高速道路が走っていたので、国道で王宮方面には緩く向かっていたようだ。

王宮方面にタクシーが入れないということが半信半疑だったが、混んでるには違いないと思い大変な道のりに思えたため、ワットポー観光を諦めることも考えた。

しかし、悔しかったのでひとまず目印になるファランポーン駅に向かうことにした。

地図を見ているとおじさんがファランポーン駅はあっちだよと声をかけて教えてくれた。

その方面に向かってみる。おっしゃる通り駅に到着。

さあ、ここから何としてでもやはりワットポーへ行こうと決める。

また地図を広げて方角の確認をしていると、タイ人のおっさんがどこに行くんだと笑顔で声をかけてきた。

「ワットポー」と伝えると、それなら船着き場に40Bで連れてってやるからおいでと言われる。

なるほどトゥクトゥクのドライバーだったのかと思いそれは助かると、おっさんについていく。

おっさん、トゥクトゥクで居眠りしてるやつに声をかけて乗せてけと言っている。

このおっさんドライバーじゃない。

またちょっとおかしいなと思ったがとりあえず乗り込んだ。

ファランポーン駅から、10分程走りどうも怪しい道へ入っていく。

船着き場はこんなもんだとは思っていたが、ついた場所がどうも公共の船着き場とは全く違う雰囲気。

韓国系っぽいアジア女性が出てきてこっちだと誘導してくる。

仕切ってそうなタイ人の若い男も出てきた。

誘導されたテーブルを見ると明らかにツアーボート。

悪そうな顔した西アジア系の女性がカタコトの日本語で。

「プライベートボートだけ。1200バーツ」と言ってきた。

そう、私たちは悪徳トゥクトゥクによって、ぼったくり悪徳プライベートボート乗り場にまんまと誘導されたのだ。

あのファランポーン駅におった笑顔のおっさんからグルだったのである。

これはやられた。

「プライベートボートはいらないし高すぎる。乗らん。」と私はタイ語で返した。

いい顔して、それしかないとか言って高い金を払わせようとする。

観光客を手玉に取って汚い商売している連中に怒りが込み上げた。

すぐさまこの路地の出口へと向かった。

すると、さっき私たちを乗せてきたトゥクトゥクのおっさんがまだ居たので捕まえてやった。

「おい、おっさん!ボート高すぎるやろ!あんなもん乗るか!(タイ語)」

と強い口調で言ってやる。

「どこも同じ金額だろ?(英語)」とおっさんがほざくので、

「はあ?プライベートボートなんかいらんねん。サパーンタクシンの駅から乗ったら14Bでワットポー行けるの知ってるわ。フン!(タイ語)」

と言ったら、怒ってる私に何も言えず黙っていた。

とにかく一刻も早くこの場所から立ち去ろう。

速足で路地から大きな道へ出た。

ほんとにあんなボート乗ってたら、1200Bと言いながら更なるぼったくりトラップが漁網のように張り巡らされていたに違いない。

タイに来たのは4回目だが、観光客目当てのこういうぼったくりトラップに引っかかったのは初めてだった。

しかし、お金をだまし取られたりもなかったので良かったし、とてもいい経験をしたと思う。

”あちらから声をかけてくる優しいタイ人には気をつけよう”とあれほどミニにタコができるくらい聞いていたはずなのに。

ホテルで呼んだタクシーがぼんくらだったのでつい優しさに救われた気持ちになってしまったのだ。

とにかく気持ちを切り替えて、こうなったら何としてでもワットポーへ行くぞという強い気持ちになった。

大きな通り沿いでモータサイのお兄さんにワットポーへ2名乗せてくれないかと交渉してみた。

運転手含めて3人乗りを快諾してくれるドライバーもいるのだが、そのドライバーは2名乗せるのは難しいとのこと。

タクシーに乗ればと言われたが、タクシーは今日はワットポーへは行かないと言われたことを伝えると、変だなという顔してた。

1番のバスに乗ればワットポーに行けるよ。そこにバス停があるからと教えてくれた。

ちょうど1番のバスが来たので走って飛び乗った。

バスに乗るのは初めて。

バスの使い方がいまいちわからなかったが、運転手以外に車掌さんが乗っていて、行きたい場所を告げておくとそこに着いたら教えてくれるというシステム。

切符やおつりの入った銀の筒を持った女性が車掌さん。

おばちゃん車掌さんにワットポーに行くと伝えるとOKとのこと。

よかった。

乗っててしばらくした所で座っていたおじさんがなにやら車掌さんに私たちの料金を払ってくれているようなのだ。

びっくりしていると、「いいんだよ、ウェルカムトゥータイランド。」とワイ(合掌)してくれた。

そのおじさんの大火傷を負った様子の顔は目は、かろうじて開いているけど鼻はふさがりかけているのか、ストローを短めに切ってそれを両方の鼻にさして呼吸ができる状態にしている。

手のひらは指同志がくっついてしまって動かすのが大変そう。

そんなに裕福そうではなかったし、病院通いする必要があるだろうし、見ず知らずの観光客にお金を使うって大変なことなんじゃないかと思った。

タイ人の多くは仏教徒なので、喜捨をする。

おじさんのこれもそういう気持ちでされたのだろうと思い、何度もお礼を言った。

そしておじさんの良き日を願った。

タイ人は悪い奴は平気な顔してお金を取ってやろうとだましてくる。

優しい人は心底優しい。

バンコクは都会だからか悪い奴が多いなあ。

今回はそういう極端な面を見せつけられた。

20分程バスに乗っていると、ようやくワットポーに着いた。

ホラ吹かれ、だまされ、助けられ、やっと来れた。

あれがワットポーのようだ。

寝ころびブッダの入口。

ワットポー。

とにかく大きいリラックスブッダ。

まさにバンコクの観光地。

一番楽しみにしていた、足の裏が…なんと修復中。

広大な寺院の境内をしっかり歩いて堪能した。

今晩はヤワラートへご飯を食べに行くことに。

前から気になっていた人気のシーフードのお店T&K seafood。

やっぱビアチャンでしょ(氷入り)

パッガチェーファイデーン またご登場いただきました。

生ガキ チリソース、フライドオニオンと一緒に。大好き。


クンチェーナンプラー
生エビをニンニクと唐辛子が聞いたナンプラーベースのソースで食べる癖になる美味しさ。

 

クンパオ 頭がでかい淡水のエビなのかな。身は柔らかくて少な目。でも頭はしっかりみそが詰まってる。


クンパオのエビ違い こちらはエビの身がプリプリしてる。


ふかひれ煮 1000円位だったので安いし試してみた。ちゃんと大き目のふかひれが入ってる。

味も美味しい。

締めて1300B也やっぱ安い。

どれも、美味しいしコストパフォーマンスも良くて大満足。

また来たいな。

17時位からお店に入ったんだが、出たら外にも席が出来上がっていて凄い人。

さすが人気店。

ヤワラートから歩いて、途中迷いながらトイレに行きながらファランポーン駅まで何とかたどり着き、ホテルに戻ることが出来た。

今日はほんとにいろいろあった1日だった。

タフに過ごした。

シャワーを浴びて就寝。

おやすみなさい。

-食べる, 食べ歩き, 旅と世界, タイ
-

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.