【実践】仕事のストレスと向き合って楽になる考え方

投稿日:2019年5月11日 更新日:

【記事を読む前に】このブログでは、パニック障害とうつ病を発症後、精神科医の指導や投薬等の現代医学に頼らず医学以外の方法でパニック障害とうつ病を完治したあさと自身の経験に基づいて書いています。
他の方がここで書かれている通りの方法でパニック障害とうつ病が完治するかは確認していないため保証はできません。
しかし、あさとの経験談、試したことや心の変化は全て真実です。
こんな人もいるんだなという感じで、一人の経験談として読んでいただけると幸いです。

パニック障害やうつ病を患っている人の中で仕事のストレスがきっかけだという人は少なくありません。

かく言うあさとも、仕事のストレスがきっかけでパニック障害やうつ病を発症しました。

ストレスを溜めてダウンしてしまう前にストレスが溜まりにくい考え方で生きると楽になるよという話をしてみようと思います。

 

仕事のストレスと向き合って楽になる考え方

あさとは、仕事のストレスと向き合って楽になるために以下の2つを実践しました。

  • 仕事についての強迫観念を無視する
  • 仕事ができない自分を許す

 

仕事で悩んでいる人は自分と向き合うチャンス

今仕事のことで悩んでいる人、仕事のストレスを強く感じている人は、

「本当にこんなに苦しい思いをしてまで、この仕事を続けなくてはいけないのだろうか?」

と自問してみてください。

 

「中途半端で仕事を辞めるなんて忍耐が足りない。」

「同僚は年下で同じ業務ができているのに自分は根を上げてしまうなんて情けない。」

「もっと頑張れるはずなのになぜできないのか。」

「前はこんなんじゃなかったはずだ。」

 

なんて思っていませんか。

私もそういう考えがありました。

ひょっとしたらあなたが仕事をやめると知ったら、家族に反対されるかもしれません。

それでも辞めたいと思って仕事を思い切って辞めたなら、その決意は本当だったということです。

後悔する必要はないと思います。

勤めている会社の方針が急に逆方向に変わることだってあり得ます。

それについていけなくなることがあって当然です。

年下だろうが年上だろうが才能があろうがなかろうが、失敗ばかりしていようが、誰かがあなたの仕事ぶりを馬鹿にしていようが、仕事ができないことを注意されようがそれが今の自分です。

あさとも自分が仕事ができないという事実を受け入れて(認めて)しまうと、世界が変わりました。

「私は仕事ができないんだ。」

「仕事ができなくてもいいんだ。」

「仕事ができなくても大丈夫。」

「仕事ができない自分も自分なんだ。」

「仕事ができないことは悪いこともあるしいいこともあるんだ。」

こんな思考を受け入れてしまいましょう。

でも、こんなこと一度認めてしまったら、

「これ以上に堕落した人間になるに決まっている!」

と思うでしょう。

実はそんなことありません。

ただ、無駄に社会常識(固定観念)に振り回されることがなくなるだけです。

そして仕事ができないことを認めてしまえば、仕事ができる人、できない人に対しての見方も変わります。

「この人が仕事ができないのには何か理由がありそうだな。」

「この人はこういう部分があるから仕事ができるんだな。」

と思うようになります。

理由はもちろん人それぞれですから、自分とは別の人生を歩んできたんだと思い至ります。

そうなると、「自分と他人は全く別で比べられないな」と、他人と自分を比較することが無意味であることに気づきます。

そうして、他人と自分を比較することでストレスを溜めることも段々と減っていきます。

 

「開き直る」のと「受け入れる(認める)」の違い

仕事ができないことを開き直っている人受け入れている人の違いについて考えてみます。

ここで言う「開き直る」は、

「仕事が出来ない事の何が悪いんだ。いちいちうるさいな!」

という感じですね。

開き直っている人の場合、表向きこんなことを言いながらも、心の中では「自分はどうせ仕事ができない情けない人間だ。」

と自分を責めています。

あさともこんな感じの人間でした。

これは、できない自分を隠して強がっているんですね。

強くないのに強がり続けるとストレスが更に溜まってしまう可能性があります。

一方「受け入れる」というのは「開き直る」のとは違います。

自分は仕事ができないという事実を受け入れている人は、仕事ができないことを申し訳なく思いながらも、むやみに自分を責めたりはしません。

「仕事ができなくてほんとに申し訳ないです。」

以上

のような感じです。

この違いは歴然で、後者はストレスが格段に少ないです。

ストレスが少なくなると柔軟性がつくと言うか、挫折感をあまり感じなくなります。

結果、弱さを受け入れることができたほうが強くなれるということだと思います。

 

仕事のストレス体験談

パニック障害やうつ病を患って以降に働いた経験から、あさとが感じた仕事のストレスについて書いてみようと思います。

実は去年一年は仕事のストレスを非常に感じた年でした。

どんなストレスだったかと言うと、職場の仕事内容に自身のポテンシャルの限界を感じていたけれど、それでも仕事を続けなければいけないというストレスでした。

仕事内容は簡単に言うと個人に厳しい数字を求められる仕事です。

そして目標達成して当たり前を求められる世界でした。

丸6年務めましたが、その中で職場の体制やルールもコロコロと変わり、現場マネージャーは単に数字を追うのが嫌になって逃げでマネージャーに立候補したような責任感の無い若者もいるような状況。

気軽に話ができた同僚も転職や出産などでどんどん辞めていき、気づけば仕事の相談を親身に聞いてもらえる同僚が一人もいなくなっていました。

頑張ってはいたものの成績は落ちていき、すっかり落ちこぼれになっていました。

私の担当マネージャーは幸い話しやすい人だったので、仕事を辞めたいと思っていることはあらかじめ相談していました。

家族に何度も仕事を辞めたいと相談をしました。

最初はもうちょっと続けたほうがいいんじゃないのと家族に言われて、すぐに賛成はしてもらえませんでした。

それから1年経ってやっと仕事を辞めることに賛成してもらえ、次の日職場に辞意を伝え無事退職。

一気に荷が下りました。

勤めていた会社は福利厚生や待遇面はむしろいいほうだったと思います。

しかし、業務ストレスに対する対価は低めだったと感じています。

 

今後のことを考えると不安?

これから金銭的にはしばらくつつましく生活をしながら勉強もしていこうと考えています。

現時点、朝起きて家事をして勉強して家の断捨離といいますか、メルカリで物を売って自分のお小遣いに充てたりしています。

今まで働きに出て家事もしなくてはいけない状況だったため、洗濯や台所の整理、掃除機をかけたりというのが毎日できませんでした。

今は毎日家事に時間が取れるので、家の中が荒れっぱなしならなくてとても快適になったように思います。

以前は

・専業主婦なんて退屈でやっていられない。

・バリバリ働かないと人生楽しくない。

といいそうなタイプだと思っていたのですが案外専業主婦も向いているかもしれない...。

と新しい自分を発見できて面白いなと思いました。

そして、何と言っても仕事に行かなくていいという解放感。

これは最高のストレス軽減です。

どれだけ仕事行きたくなかったのかが良くわかりました(笑)

こんなに爽快な解放感は他にないかもしれません。

それと同時に、

「会社に行かなくてはいけない。」

という思考に支配されていたことを自覚できました。

私は仕事をやめたいと思ってから、実際に仕事を辞めるまでに1年以上かかってしまいました。

正直いい年ですし「こんな年齢で仕事を辞め本当にて大丈夫なのか?」

という思いもないわけではありませんでた。

しかし今勉強してお金を稼ごうと迷いなく決意できたので、仕事を辞めることは怖いと思いませんでした。

むしろ嫌でしょうがなかった仕事を辞めれるなんて嬉しくて仕方なかったです。

ということで今回は仕事のストレスについて思ったことを書いてみました。

何事においてもストレスは頑張るための起爆剤なので、必要な側面もあります。

しかし、長期間必要以上にストレスを抱え込んでしまったり、健康状態に影響が出てしまうような重いストレスに自分を晒し続けてしまうのは良くありません。

今ストレスに押しつぶされそうになっている人は、

「本当にこんなに苦しい思いをしてまで、この仕事を続けなくてはいけないのだろうか?」

と自問自答してみるのがいいかもしれません。

-メンタルヘルス, 心と体
-,

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.