2015年タイ旅行記⑥チェンマイエアポートプラザとバーンUサバイ

投稿日:

20015/11/30

7時半起床。

今日はホシハナビレッジ最終日。

チェンマイ市街地へ移動します。

今日もジョギングで山の方へ。

暑くて2.5キロ程で私はホテルへ戻りサラーでストレッチ。

主人はもうちょっと走りに行って来るとのこと。

朝ごはんは昨日のソムタムとマッサージのおばちゃんがくれたタプティム(ザクロ)とソム(みかん)。

みかんは皮が薄くて酸味が強いかな。

主人はみかんがすっぱくて食べられないと言ってました。


チェックアウト12時ギリギリまで主人はプールで泳ぐ。

私は荷物整理。


ここを離れたくない気持ちいっぱいで名残惜しい。

また絶対来ます。今回もありがとうございました。

チェックアウトを済ませてタクシーを呼んでもらい、ホシハナビレッジを後にする。

うーちゃん、バイバイ。またね。

タクシーでエアポートプラザ近くにある3回目の宿泊になるバーンUサバイ(バーンユーサバイ)へ移動。

バーンUサバイのオーナー女性はいつもフレンドリー。

私たちの事を覚えてくれていて1年半毎に来るので「タイに住んでるの?」と言われた。

ここが大好きだからチェンマイに来てるのよと答えておきました。

バーンUサバイは、入口入ってすぐ前にプールが開けてて開放的。

木をふんだんに使っているので雰囲気が温かくて落ち着く。

国道に近いけど静か。

部屋の数も11.12部屋位しかなくてこじんまりしたホテル。

ロイクラトン明けの週だったからか、宿泊客も少なめみたいで、私たち以外に2-3組。

滞在中プールはほぼ私たちで貸切でした。

プールアクセスの部屋は2階の部屋に比べて少し大き目。

とても清潔なお部屋で落ち着きます。

チェックインを済ませたら、早速私たちが大好きなエアポートプラザへお昼ご飯を食べに行きます。

私たちはエアポートプラザの地下にあるフードコートがとても気に入っています。

南部、中部、北部料理どれも、雑じゃなく、大手スーパーのフードコートみたいに安っぽくもない。

特に北部料理に力を入れていて、いつもごはん時は多くのお客さんで賑やか。

大好物のカノムヂーンナムヤー。

やっぱりここのは美味しい。

ネームクルックも以前にこちらで食べて美味しかったのでリピート。

主人がオーダーしに行ったら、大きな丸いおにぎりだけ袋に入れて渡されたという。

大きな丸いおにぎり指して「ディスワン」だけ言ったらそうなったらしい。

ネームクルックは、カリカリに揚げた大きな丸いおにぎりを豚の耳や、ピーナッツ、ハーブを入れてぐちゃぐちゃにつぶして写真のような一品になります。

ブースに戻って、「クルックダイマイカー?(まぜまぜしてもらっていいですか?)」ってジェスチャー付きで言ったら、

「ああ、そういうことだったのね」とまぜまぜしてくれました。

主人はゲーンタイプラーに夢中。

そう言えば前回来た時もここの南部料理ブースのゲーンタイプラ食べてたな。

久々に市内を散策。


ターペー門で降ろしてもらって散策。

ターペー門の東側にあるこの通りを見ると東南アジアに来たなあといつも思う。


入ったことのないお寺もまだたくさんあって、綺麗なチェディや、大きな本堂があるところも。

とても立派なお寺がチェンマイにはたくさんある。

古いチェディも趣があって渋い。

ひとしきり旧市街を散策して、わくわくしながら今日のお目当のSPガイヤーンへ。

しかし前に着いたらまさかの臨時休業日…私たち夫婦が日本でもよく出くわす図れない臨時休業。

明日は幸いやっているようなので仕方なく出直すことに。

主人がチャーンプアック門のカオカームーを食べたいとの事で予定変更。

ソンテオでチャーンプアック門へ。

チャーンプアック門の屋台規模はそれほど人が多くないけど、このカオカームーのお店だけがめちゃくちゃ人気があってこの店の席だけがものすごい人。

テンガロンハットのお姉さんが、肉を包丁でトントン叩き切ってる。(周りの雰囲気に飲まれて写真撮り忘れ)

ここのカオカームーはとってもよく煮込まれていてお肉もゼラチン質の皮の部分もとろけるような食感。

茹で加減の良いゆでたまごも美味しい。タマダーは少量なので主人はピセーで。

あっという間にたいらげていました。

続いてジョークソンペッという、おかゆが美味しいことで有名な24時間営業の食堂。

この2軒は主人の希望ではしご。(大きな胃袋)


チキンの揚げホーリーバジルのせ。

ごはんの上にソースを煮からめたチキン、揚げたホーリーバジルがたっぷり乗ってゆで卵付き。

これを食べたかったらしい。

私はディムサムを注文。

このシューマイ自体はごくふつうなんだけど、つけだれが美味しくない黒酢でできておりたれをつけると不味くなるという代物。


そしてジョークの気分ではなかったのでパッシーユを注文。

お腹いっぱいなのに食べたから味も普通に感じた。

満腹大満足てバーンユーサバイに戻る。

シャワーを浴びて就寝。

-食べる, 食べ歩き, 旅と世界, タイ
-

Copyright© あさとのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.